濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

中国の選手が史上初のK-1王者に。
世界の格闘界に新たな潮流誕生か?

posted2017/03/08 07:00

 
中国の選手が史上初のK-1王者に。世界の格闘界に新たな潮流誕生か?<Number Web> photograph by Takao Masaki

K-1の新たなステイタスを、ウェイが世界へ発信することができるか? 防衛戦も早いうちに日本でやりたいと発言している。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Takao Masaki

 バックステージのインタビュースペースで、「予想外」、「想定外」という言葉を何度も聞いた。言葉の主は、K-1初代ライト級王座決定トーナメント(2月25日、国立代々木競技場第二体育館)に出場した選手たちだ。

 真っ向勝負と豪快ノックアウトが魅力のK-1だが、決してノーガードの殴り合いばかりではない。試合には当然ながら、倒すための戦略が存在する。作戦を立て、その裏をかき、「想定外」に常に対応する。その結果として生まれるのがKOであり、それができなければハイレベルな世界トーナメントを勝ち上がることはできない。

 2階級制覇を狙ったものの1回戦でムエタイ戦士ゴンナパー・ウィラサクレックに敗れた卜部功也は「相手を大きく見すぎましたね」と反省していた。ローキックを警戒しすぎた、もっと自然体でいけばよかった、と。

中国の選手がK-1王者になるのは史上初。

 新生K-1初参戦となる谷山俊樹はクリスチャン・スペトゥクに完敗を喫している。曰く「相手はスピードもスタミナも想定以上でした。これが世界(レベル)なんですね」。卜部に勝ったゴンナパーも、準決勝で平本蓮の速攻に沈んだ。「警戒が足りなかった。まさかいきなり前に出てくるとは」。

 そして観戦していたファンにとって最も予想外だったのは、中国から初めて参戦してきたウェイ・ルイの強さだろう。

 ウェイは1回戦でKrush王者の佐々木大蔵をKOし、準決勝ではスペトゥクを完封。平本との決勝はスプリット・デシジョンの接戦になったが、パンチの連打でジャッジの印象を持っていった。

 中国の選手がK-1王者になるのは史上初。そしてそれは必然でもある。来るべき時が来た、ということだ。

【次ページ】 金が集まると、人が集まり、優秀な人材も育つ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ゴンナパー・ウィラサクレック
卜部功也
谷山俊樹
クリスチャン・スペトゥク
平本蓮
ウェイ・ルイ
佐々木大蔵
K-1

ページトップ