マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

4分の3が私立高になったセンバツ。
公立びいき、片側応援も程ほどに。

posted2017/02/08 07:00

 
甲子園で選手たちが流すのは、勝利の嬉し涙と、力及ばず敗れた悔し涙だけであってほしいものだ。

甲子園で選手たちが流すのは、勝利の嬉し涙と、力及ばず敗れた悔し涙だけであってほしいものだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 春のセンバツの出場校が決まり、プロ野球の春季キャンプも始まって、野球の世界に春がやって来た。

 今年のセンバツにやって来る顔ぶれを眺めながら、有名な学校が多いなぁ……と思ったのがきっかけで、珍しくちょっとした“調べもの”をやってみた。

 有名な学校が多いという第一印象のあとに来たのが、「私学ばっかりだなぁ」という事実だ。

 数えてみたら、21世紀枠も含めて出場32校のうち24校、4分の3が“私学”だった。

 へえ~っと思いながら、そういえば、去年の夏の甲子園でも同じようなことを感じたなぁと思って、今度はそっちのほうを調べてみたら、出場49校中39校が私学、センバツ以上のおよそ80%が私学だったことがわかった。

 ならば、いつ頃からこうした「私学大会化」が始まったのか……以前は、もっと公立校がたくさん出ていて強かったように思う。

ここ60年で、公立と私学の割合はきれいに逆転した。

 そこで、春・夏の甲子園の“私学率”を調べてみたら、これが面白かった。

 ちょっと調べてみる…これは意外とおおごとのようである。

        センバツ  夏
2007年    66%   73%
1997年    56%   59%
1987年    50%   49%
1977年    50%   44% 
1967年    46%   43%
1957年    20%   21%

 私学、公立がちょうど半分半分だった1987年(昭和62年)を挟んだこの60年間で、私学、公立の出場校の数がきれいに逆転していることがわかった。

 平成が始まったのが1989年の1月8日だから、言い換えれば、平成になって高校野球は私学の時代になったといってもよいだろう。

【次ページ】 公立びいきは昔からだが、最近は過熱する傾向が。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ