ゴルフPRESSBACK NUMBER

畑岡奈紗17歳の米プロツアー初陣。
予選落ちは「強い選手」への一歩目。

posted2017/02/05 07:00

 
畑岡奈紗17歳の米プロツアー初陣。予選落ちは「強い選手」への一歩目。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

ビーチを目の前に臨むコースで笑顔の畑岡。2日間で大会を終えたとはいえ、その経験値は今後の貴重な財産となる。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

「今のままなら50%ぐらい」

 畑岡奈紗は、米ツアーのプロデビュー戦となるバハマでの開幕戦を数日後に控えて、結果を出せるか半信半疑だった。

 その本人の言葉通りというべきか、現地時間1月26日に開幕したピュアシルク・バハマ・クラシックで、初日は50位タイ、続く2日目で80位。最終的にはカットラインに1打足りず、米デビュー戦は予選落ちという結果に終わった。

「まだスイングが思うように出来上がってないので」

 畑岡は例年4月ごろに調子が上がってくるというので、1月下旬の開幕戦に調子を合わせきれなかった。

 それでは調子が良ければ、18歳の日本人ルーキーは優勝争いできたのだろうか。

宮里藍のキャディーが「時期尚早」と言った理由。

「(実力を判断するのは)時期尚早じゃないですか」

 先週限定で畑岡のキャディーを務めた、宮里藍のエースキャディーのミック・シーボーンは、南国特有の突風が吹き荒れるバハマで「選手本来の力を見極めるのは難しい」と冷静にコメントした。

 日本ゴルフ協会のプロフィールによると、畑岡のドライバー平均飛距離は250ヤードである。アマチュアでは“飛ばし屋”と呼ばれた畑岡だが、実力不足を痛感したのは11月の米ツアーQT最終戦でのこと。同組のアメリカ人選手に飛距離で10~20ヤードの差をつけられた。

 それを受けて、12月26日から臨んだマレーシア合宿では「スイング改造と下半身強化」に取り組んだ。スイングのトップを高くして、今より左にもう少し綺麗に振りぬくことを理想の形とした。それが実現できれば、さらに安定して飛距離を伸ばすことができるからだ。

【次ページ】 友達と2回ほど食事した以外、毎日練習していた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
畑岡奈紗
宮里藍
宮里美香

ページトップ