スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

フェルナンデスとベンチュラ。
若い速球投手の事故死を悼む。

posted2017/02/04 07:00

 
フェルナンデスとベンチュラ。若い速球投手の事故死を悼む。<Number Web> photograph by Getty Images

2014年から3シーズン連続で2ケタ勝利を挙げたベンチュラ。将来性の高い投手がまたもこの世から去った。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2017年1月22日、ロイヤルズのヨルダーノ・ベンチュラが、交通事故で死去した。25歳の若さだった。

 アメリカ球界は2016年9月25日に「至宝」と呼ばれたホゼ・フェルナンデス(マーリンズ)をボート事故で失ったばかりだ。

 フェルナンデスも24歳だった。あのまま伸びていけば、球史に残る投手となったはずだ。本拠地のマイアミでは、29勝2敗、防御率1.49という驚異的な通算成績を残した。ドジャー・スタジアムで1.37の防御率を残したあのサンディ・コーファックスに匹敵する数字だ。

 フェルナンデスは、三振奪取のペースも素晴らしかった。

 500奪三振に要した試合数は65で、これはドワイト・グッデン(61試合)、ダルビッシュ有(62試合)に次ぐ数字だ。ただし、500奪三振までに対戦した打者の数でいうと、グッデンが1754人で、ダルビッシュが1659人だったのに対して、フェルナンデスは1587人。このペースが続けば、20代で2000奪三振も可能ではないか、と私は思っていた。

 少年時代に荒海を越えてキューバから亡命してきたという波乱の人生もさることながら、あの才能は、惜しんでも惜しみ足りない。

豪速球のベンチュラは「記憶に残る投手」だった。

 ベンチュラは、「記憶に残る投手」だった。

 フェルナンデスのように圧倒的な成績を残したわけではないが、そのパフォーマンスは印象深い。とくにあの速球。

 アロルディス・チャップマン(ヤンキース)やケルヴィン・エレーラ(ロイヤルズ)のような救援投手ならともかく、7回を過ぎても100マイル超えの球を投げられる先発投手は、そう何人もいない。肩を並べられるのは、ジャスティン・ヴァーランダー(タイガース)、ネイサン・イヴォルディ(ヤンキース)、ノア・シンダーガード(メッツ)、カルロス・マルティネス(カーディナルス)ぐらいではないか。

【次ページ】 「14歳ぐらいにしか見えなかった」投手の急成長。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ヨルダーノ・ベンチュラ
ホセ・フェルナンデス
ペドロ・マルティネス
カンザスシティ・ロイヤルズ

ページトップ