フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

全米フィギュアの女子もチェン!?
新女王は中国系米国人で、まだ17歳。

posted2017/01/25 11:30

 
全米フィギュアの女子もチェン!?新女王は中国系米国人で、まだ17歳。<Number Web> photograph by AFLO

エキシビションでカレン・チェンは、鮮やかな衣装を身にまとってリンクを見つめるファンを魅了した。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

AFLO

 ミズーリ州カンザスシティで1月22日に終了したフィギュアスケート全米選手権では、男女ともに新チャンピオンが誕生した。

 そして興味深いことに、男子、女子とも17歳で中国系、どちらも苗字がチェンという面白い偶然が起きた。

 女子のタイトルを射止めたのは、カリフォルニア生まれのカレン・チェンである。

ほぼノーマークだったチェン。

 もともとチェンは、2シーズン前に15歳で初挑戦した全米選手権シニア部門で3位に入賞して、将来を期待されていた若手だった。

 だが昨シーズンは全米8位に終わり、今シーズンもGPシリーズでは中国杯で7位、NHK杯で6位とメダルを逃した。シニアGPシリーズは今シーズンで2年目となるが、まだ表彰台に到達したことがない。

 そんなチェンは全米選手権でも、決して優勝候補ではなかった。だが「黄昏」のサントラで演じたSPでは、3ルッツ+3トウループを含むジャンプ要素をすべて成功させて、72.82でトップに立った。

「足りないものは自信だけだった」とコーチ。

 フリー『タンゴ・ジェラシー』でも、2度の3ルッツを含む3回転ジャンプ合計6度成功させ、最後までスピードを保って141.40を獲得してやはり1位。総合214.22で、初優勝を決めた。

「自分がチャンピオンになる日が来るとは、なかなか信じられなかった。シーズン前半は、新しい靴の調整に苦労していました。ここでは自分でコントロールできることだけに集中して、できることをやろうと思っていました」と会見で語った。

【次ページ】 もともと能力はあった。足りないのは自信だけ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
カレン・チェン
マライア・ベル
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
平昌五輪
オリンピック

ページトップ