ニッポン野球音頭BACK NUMBER

CSでの6失点と三浦大輔の準備。
DeNA今永昇太、2年目への糧に。

posted2017/01/05 07:00

 
CSでの6失点と三浦大輔の準備。DeNA今永昇太、2年目への糧に。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

完全アウェーの中で味わった屈辱。今永がベイスターズの主戦となるためには、必要な洗礼だったのかもしれない。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 今永昇太にとっての2016年には、充実感と悔恨が入り混じる。

 ドラフト1位指名の誉れとともにプロの門をくぐると、期待に違わぬ才能をきらめかせて開幕ローテーション入りをつかんだ。終わってみれば、先発22試合、135回1/3を投げて8勝9敗、防御率は2.93。そんな数字で表される自身の足跡を、こう評価する。

「プロ入りする前は不安しかなかった。1勝もできないんじゃないかというぐらい自分に対するハードルが低かっただけに、よく投げたなという思いはあります。でも数字を見ると、なんか中途半端だなという感じがしますし、マイナスの言葉しか出てこないですね」

 ポジティブとネガティブ――混在する2つの評価は、そのままクライマックスシリーズでの投球内容に当てはまる。

巨人戦では7回1失点、しかし広島戦では初回6失点。

 ファーストステージ第2戦では、ジャイアンツ打線を相手に7回1失点の好投を披露。同点のままマウンドを譲ったが、2安打しか許さず、大舞台で自らに課せられた役割をまっとうした。

 しかし、負ければ敗退が決まるファイナルステージ第4戦、勢いづくカープ打線に飲みこまれるかのように初回6失点を喫した。スコアシートに残された「防御率54.00」という数字が、新人左腕が背負うことになった十字架の重みを物語る。

 敗北から1カ月の時を経た11月半ば、秋季キャンプ地の奄美で訊いた。あの一戦、あの1イニングを振り返って、いま何を思うか、と。

 今永は言葉を絞り出すように、ぽつぽつと語った。

【次ページ】 「試合中に、自分自身を客観的に見れなかった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
今永昇太
横浜DeNAベイスターズ
三浦大輔
ブラッド・エルドレッド

ページトップ