ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

1月第1週も松山英樹は戦い続ける。
厳しい過密日程はスターゆえの宿命。

posted2017/01/01 07:00

 
1月第1週も松山英樹は戦い続ける。厳しい過密日程はスターゆえの宿命。<Number Web> photograph by AFLO

スタートダッシュを決め、賞金ランク、フェデックスポイントで世界1位を走る松山英樹。彼が争っているのは、世界のトップオブトップなのだ。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 新年あけましておめでとうございます。

 世間は、お屠蘇気分が抜けぬ正月ムード真っただ中。年明けの歩調はどうにもスローペースだが、世界トップクラスのゴルファーたちはそうも言っていられない。

 1月第1週、世界ランク6位の松山英樹は早くも始動。1年の初戦を迎えなければならない。ハワイ・カパルアで行われるSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズは昨シーズン(2015-16年)の米ツアー各大会優勝者たちだけが出場するエリートトーナメント。マウイ島でのこの試合を終えると翌週にはオアフ島に飛び、ソニーオープンinハワイに臨む。

 12月上旬にバハマでのヒーローワールドチャレンジで、タイガー・ウッズに勝利を讃えられてから1カ月に満たないオフを経て、本格化するシーズンに入る。

 この戦いぶりは、まさにインターナショナルプレーヤーといえるもの。

 10月の日本オープンから直近5試合で4勝。勝てなかった1試合も単独2位という圧巻の締めくくりを見せた松山だが、4勝のうちの1試合目、10月の日本オープンの週(米ツアーの2016-17年シーズン開幕戦・セーフウェイオープンが同週開催)以降、5試合も出た選手は世界ランクトップ10のうち松山とスウェーデンのアレックス・ノレンしかいない。石川遼とタッグを組んだISPSハンダ・ワールドカップを含めば最多の6試合になる。

“働きアリ”のようにポイントと賞金をためこむ。

 この期間、世界1位のジェイソン・デイは背中痛の影響もあって1試合も出ていない。ローリー・マキロイもダスティン・ジョンソンもジョーダン・スピースも2試合。トップ20を見渡しても、松山と同等の試合数をこなしたのは、同11位のダニー・ウィレット(6試合)くらいだ。

 日本や欧州出身で米ツアーに参戦する選手は、各ツアーのシーズンにズレがあるため、とにかく1年中多忙だ。

 やんちゃな豪傑のような出で立ちの松山は、ライバルたちがオフを満喫する間も“働きアリ”のようにトライ&エラーを繰り返し、せっせと世界ランキングポイントと賞金をため込みながら、メジャーシーズンへの準備を整える。

【次ページ】 石川遼はシード維持へ1打も無駄にできない戦い。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
石川遼

ページトップ