辻直人のB.LEAGUER DIARYBACK NUMBER

Bリーグ人気で殺到する取材……。
川崎・辻直人はどうバスケに臨む?

posted2016/12/28 17:00

 
Bリーグ人気で殺到する取材……。川崎・辻直人はどうバスケに臨む?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

Bリーグは年末年始も熱戦が展開される。辻は中地区首位に立つ川崎ブレイブサンダースをさらに上昇気流に乗せようと奮闘する。

text by

辻直人

辻直人Naoto Tsuji

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 この時期の年末恒例のバスケットボールのイベントといえば、ウインターカップだ。僕も高校2年生からレギュラーとして出させてもらい、2、3年時には2年連続で優勝することもできた思い出の大会だ。

 強豪・洛南高校(京都)に入学した僕は、1年生の頃から幸いにも国体やインターハイのメンバーに選ばれるなど、夏ころまでは順調な日々を送ることができていた。しかし、夏の日中韓交流大会の前あたりから雲行きが怪しくなっていった。Aチームはその海外遠征に行くことになっていたが、Bチームからも外れる始末。

 そのときは、何をやってもうまくいかなかった。何かしようとすると、すべてミスにつながるという悪循環。どうしたら苦しい状況を打開できるのかを考えたが、そのために何をしたらいいのかが分からない。

 なかなか打開策を見つけられない自分自身に苛立った。

6時前の電車に乗り、22時過ぎに帰宅した高校時代。

 しかし、それが逆に1つの転機にもなった。

「とにかく練習するしかない」

 そう答えを導き出すと、誰よりも朝早く体育館に行き、誰よりも遅くまで体育館に残って自主練習に明け暮れた。それは高校1年の夏から卒業するまで続いた。

 毎朝5時40分すぎの電車に乗って京都へ向かい、帰りは家に着くと22時をまわっていることもざらだった。最初の頃は眠くて毎朝きつかった。一度、練習帰りに寝過ごしてしまい、起きたら目の前に海が広がっていたことも(笑)。

 今となっては懐かしい思い出だが、3年間は家には“ほぼ寝に帰る”という表現がふさわしいくらい、バスケ漬けの毎日。「もっとうまくなりたい」「もっと試合に出たい」という気持ちが僕を支えていた。

【次ページ】 4つ上の兄に影響されバスケットを始めた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
辻直人
Bリーグ
洛南高校

ページトップ