フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の4回転&4連覇で新時代に。
宇野3位、宮原2位で日本勢の快挙続く。

posted2016/12/12 17:30

 
羽生結弦の4回転&4連覇で新時代に。宇野3位、宮原2位で日本勢の快挙続く。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

大会後には、まだ誰も跳んだことがない4回転アクセルへの挑戦も口にした羽生。絶対王者の挑戦に、終わりはないのか……。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 12月8日から、南仏のマルセイユでシーズン前半を締めくくるGPファイナルが開催された。

 男子は、次の時代の到来を感じさせる劇的な結果となった。

 SPは、羽生結弦、パトリック・チャン、ハビエル・フェルナンデスと、大方の予想通りの順番になった。羽生は冒頭の4ループでバランスを崩しかけながらも耐え、残りのジャンプはノーミス。プリンスのメロディに合わせスピードにのった迫真の演技で、会場の空気を熱くして106.53を獲得してトップに立った。

「このプログラムは、ライブコンサートのようなつもりで滑っている。観客がいないと完成できないプログラムです」と会見では英語を交えながらコメントした。

チャン2位、フェルナンデス3位スタート。

 チャンはビートルズのゆったりしたギターの音に乗り、4+3のトウループ、3アクセルなど完璧な演技。うねりのあるスケーティングで音楽を表現する、印象的な滑りで99.76を得て2位。

「今シーズンの試合では一番良い滑りができた」と笑顔を見せたチャン。「落ち着いてリラックスして滑ることができたけれど、ここでの強い顔ぶれを考えるとリラックスするのは難しい」とも語った。

 昨年に引き続きフラメンコのプログラムを滑ったハビエル・フェルナンデスは、4サルコウでステップアウト、3アクセルで手をつくミスが出て、それでも91.76で3位に立った。

「毎回完璧に滑るのは難しい。練習では調子が良かったのですが。何が悪かったのか、またコーチと話し合ってみます」とコメントした。

【次ページ】 新世代が上がってきたフリー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
羽生結弦
パトリック・チャン
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
アンナ・ポゴリラヤ
ケイトリン・オズモンド
エフゲニア・メドベデワ
紀平梨花
坂本花織
本田真凜
アリナ・ザギトワ
GPファイナル
フィギュアGPシリーズ

ページトップ