Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<リオパラリンピックを振り返る>
山田拓朗「貪欲なメダリスト」

posted2016/11/18 12:00

 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

4度目の大舞台で、手に入れたメダル。だが、胸中に感じたのは、達成感より次への渇望だった。

「結構重いですね。単純に重さもそうだし、12年の重みがつまっているなと」

 あの日、ついに手にしたメダルに、そう口にするのも無理はなかった。

 9月13日、リオデジャネイロ・パラリンピック競泳男子50m自由形(S9)で、山田拓朗は銅メダルを獲得した。

 決勝のリアクションタイムは0秒67。8人中最速で飛び込むと、快調に飛ばし、先頭争いを続ける。

 激しいレースは、瞬く間に決着を迎える。

 タッチ。電光掲示板に表示されたのは26秒00。トップが25秒95、2位が25秒99。銅メダルをつかんだ瞬間だった。目標に掲げていた金メダルではなかったが、長い年月をかけて手にしたメダルは、重かった。

「金メダルを獲らなくてよかったと思います」の真意。

 あれからひと月余り、山田はこう語る。

「金メダルを獲らなくてよかったと思います」

 そこには、リオで達成できなかった思いと、今後への思いが込められていた。

 山田にとって、リオは4度目のパラリンピックだった。初出場は2004年のアテネ。続く北京は100m自由形で5位、ロンドンでは50m自由形で4位。階段を上るように進んできた。

 今までの悔しさを晴らす舞台であるリオ。だが、メダルへの道は簡単ではなかった。

 山田は400m自由形を経て2種目めの100m自由形に臨む。50mに次いで強みを持つ種目だ。仕上がりはよかったと言う。

「レースが始まるまでの段階では、100mの方が調子よかった。間違いなく自己ベストが出るだろう、メダルも狙いたいなと思っていました」

【次ページ】 100mの失速から、気持ちを切り替えての銅。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ