プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ジョンソンが95球で降板した遠因。
中島卓也、5連続ファウルの幻影。

posted2016/10/31 14:30

 
ジョンソンが95球で降板した遠因。中島卓也、5連続ファウルの幻影。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

シーズンを通じてホームランは0本、打率も2割5分に届かない。それでも中島卓也は「イヤな打者」なのだ。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「少し疲れたから交代させて欲しい」

 日本シリーズは2連敗からスタートした栗山英樹監督率いる日本ハムが、広島を破って10年ぶり3度目の頂点に立った。

 開幕戦を絶対エースの大谷翔平で落として逆境スタートのシリーズだったが、いくつかのターニングポイントを制して地元で3連勝。最後は広島の継投のスキを突いた一気呵成の攻撃で栄冠を手にした。

 その数あるシリーズのポイントの中で、日本ハムの勝利が決定づけられたのは、第5戦の王手をかけた試合、6回95球を投げたところで広島先発のクリス・ジョンソン投手が緒方孝市監督に冒頭のセリフで降板を申し出たときだった。

 広島にとっては、この第5戦はカギとなる試合だった。

 負ければこの時点では第6戦には大谷の先発が予想され、一気に押し切られる危険性が高まる。この第5戦を是が非でも取ることによって、たとえ6戦を大谷で落としても、第7戦に決着を持ち込める。そのために今シーズン中には1度もなかったジョンソンを中4日で先発させてルーキーの加藤貴之とのマッチアップで必勝を期したのである。

中4日、球数とともにジョンソンの疲労を加速したもの。

 試合はそんな広島の思惑通りに展開した。

 1回に鈴木誠也のタイムリーで1点を先制。その虎の子をジョンソンが老獪なピッチングで守り、6回まで1点差で試合は進んだ。

 ところがその6回を投げ終えたところで、ジョンソンが疲労からの降板を申し出たのである。

 確かに中4日で球数は100球に近づいていた。ただ、それ以上にシリーズというゲームの空気、負けられないという精神的重圧が1球、1球の疲労をより重くしていた。そしてその「疲れ」のもう1つの伏線は、日本ハムが敗れた第1戦にあったのである。

【次ページ】 いつも以上にナーバスだった1戦目のジョンソン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
栗山英樹
セス・ジョンソン
緒方孝市
中島卓也

ページトップ