ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

飯伏幸太、WWEと新日に同時参戦中!?
2010年代型フリーレスラーの形とは。

posted2016/10/23 11:00

 
飯伏幸太、WWEと新日に同時参戦中!?2010年代型フリーレスラーの形とは。<Number Web> photograph by 2016 WWE, Inc. All Rights Reserved.

「飯伏プロレス研究所」所属を名乗る飯伏は、団体の枠を軽々と飛び越えて日米のファンを魅了している。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

2016 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 10月5日(アメリカ現地時間)、WWEのNXTで『第2回ダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシック(通称・ダスティ杯)』が開幕した。

 この大会は、タッグの名手として鳴らした往年の名レスラー、故ダスティ・ローデスの功績を称え、その遺志を継承するとして、昨年第1回大会を開催。今年は倍増となる16チーム参加と規模を拡大し、第2回大会が開催されることとなり、ここに日本の“ゴールデン・スター”飯伏幸太のエントリーが決定。日本のファンにとっても、見逃せない大会となった。

 当初、飯伏はケガによる長期欠場から復帰した、元プロレスリング・ノアのエース、KENTAことヒデオ・イタミとのコンビで出場が発表されたが、イタミが10月1日のNXTハウスショーでの試合で首を負傷し、ダスティ杯出場が不可能となったため、代わりにTJパーキンスとコンビを結成することに。

 飯伏とパーキンスは今夏開催された、『WWEクルーザー級クラシック』の準決勝で激突。大会屈指の名勝負の末、パーキンスが辛勝し、そのまま優勝している。飯伏にとっては因縁の相手だが、現クルーザー級王者と、大会MVP的な活躍をした飯伏のコンビは、まさに台風の目。優勝候補の一角と目されている。飯伏が再び、世界に向けて自分の実力を示す絶好の機会と言えるだろう。

新日復帰が噂された飯伏のWWE再登場は意外だった。

 しかし、この飯伏のWWE再登場は、多くのファン・関係者にとって意外なものとして受け止められた。

 飯伏は『クルーザー級クラシック』に大会限定の短期契約で出場決定後、今年8月に再渡米しWWEと今後の契約についての交渉を行ったが、契約内容をめぐってWWEとの交渉が決裂。飯伏自身は日本マットへの本格復帰を示唆していたからだ。

 それが9月30日になって、急転直下の『ダスティ杯』出場が正式発表され、噂された新日本プロレスへの復帰は白紙となったように思われた。

【次ページ】 タイガーマスクWが飯伏なら……というひとつの疑問。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
飯伏幸太
WWE
新日本プロレス

ページトップ