プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

新タイガーマスクWの危険な仮面。
「失敗しない男」が遭遇した問題点。

posted2016/10/15 11:00

 
過去のどのバージョンのタイガーマスクとも似ていないタイガーマスクW。技のキレは過去のどのバージョンと比べても、勝るとも劣らない。

過去のどのバージョンのタイガーマスクとも似ていないタイガーマスクW。技のキレは過去のどのバージョンと比べても、勝るとも劣らない。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 10月10日。両国国技館の第0試合にタイガーマスクWが登場した。その虎のマスクは原作アニメそっくりで、ぬいぐるみのように鼻の部分が大きく突き出ていた。

 このまま試合をするのか?

 脱ぎ捨てるオーバーマスクではなかったのか?

 マスクマンの正体が誰であるかより先に、まず、それが気になった。

 覆面レスラーはマスクをかぶることで、ハンディキャップを背負う。視野は狭くなり、呼吸も苦しい。夏場は暑さとの戦いにもなる。

 三重苦。それじゃあ、いいことないじゃないか?

 それでも、マスクによる変身が、観客ばかりか、自らをも現実を離れて別の世界へと誘ってしまうというのだ。素顔ではできなかったことが、この変身によってできるようになることもある。人格さえ変えることができるとも言われる。あのジキルとハイドのように。魔法の薬ならぬ魔法の仮面。それがレスラーのマスクマン願望へとつながる。

こんなに鼻が突き出たマスクマンは見たことがない。

 だが、この日タイガーマスクWがかぶったマスクの鼻の部分の大きさは、驚きと疑問を感じるものだった。

 試しに自分の鼻の上に軽く握った拳を当ててみるといい。そうすればどれだけの視界が失われるか、よくわかるだろう。

 ミスターX、ザ・デストロイヤーやミル・マスカラスの時代から、多くの覆面レスラーが来日してきた。私は、覆面王国メキシコでも多くのマスクマンを見てきた。それでも、こんな鼻の部分が突き出たマスクマンには出会ったことがない。

 1980年代、メキシコにはトリオ・マラビージャというおとぎ話の世界から抜け出したような3人組がいた。そのうちの1人はピノキオをモデルにしてピノッチョを名乗っていたが、鼻は長くなかった。

【次ページ】 タイガーマスクWの鼻は、改良が必要だ。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ