猛牛のささやきBACK NUMBER

「初回はノーアウト満塁でもいい」
オリ・若月健矢に同居する強気と繊細。

posted2016/08/17 11:30

 
「初回はノーアウト満塁でもいい」オリ・若月健矢に同居する強気と繊細。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年の一軍出場は5試合。3年目にして一気に正捕手の座に手をかけた若月健矢、武器の守備に加えて打撃にも期待がかかる。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

「負けた日はなかなか寝られません」

 オリックスの20歳の捕手・若月健矢は言う。

「あそこでなんであの球選んだんだオレ、とか、いろいろ考えてしまって。夢に出てくることもあります」

 今季、先発マスクを被った試合は18勝24敗(8月15日時点)。24日間は眠れぬ夜を過ごしたことになる。

 6月3日に今季2度目の一軍登録を果たすと、徐々に先発の機会を増やし、7月以降は伊藤光がマスクを被る金子千尋の登板日以外は、プロ3年目の若月が先発マスクを任されている。

「僕はまだ、使ってもらっている立場」

 若月自身はそう捉えている。しかし、下位チームだからこその若手育成のための起用という見方を、鈴木郁洋バッテリーコーチは否定する。

「今のチーム状況だから、経験をさせるために使っているというわけじゃない。レギュラーとして考えている。もちろん経験を積ませようとか、将来を見据えて使ってみようかという若手もいるけど、若月はちょっと別格です」

コーチ「もともとバッターを抑える感覚を持っている」

 鈴木コーチが高く評価するのはリード面だ。

「若月というキャッチャーは、バッターの反応もよく見れるし、もともとバッターを抑える感覚を持っている。こうやって次はこうしたらバッターはこうなるな、というのをイメージできるんです。そういう感覚って絶対に必要だけど、持っていない子の方が多くて、それを教えてできる子もいれば、何回教えてもできない子もいる。あいつはそういうものを、プロに入ってきた時から持っていると感じていた。こちらが『もういっちょこれで行ってほしいな』とか『これ行っても大丈夫やで』と思った時に、そういうリードをするので、信用しています」

 捕手にとって最大級の褒め言葉だろう。

【次ページ】 中田翔に打たれ、「考えればわかるじゃん!」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
若月健矢
オリックス・バファローズ
鈴木郁洋

ページトップ