リオ五輪PRESSBACK NUMBER

日本競歩、初入賞は悔しさと共に。
松永大介が4年後のメダルを宣言。

posted2016/08/13 14:00

 
日本競歩、初入賞は悔しさと共に。松永大介が4年後のメダルを宣言。<Number Web> photograph by JMPA

競歩史上初めての入賞者となった松永大介だが「メダルを目指していた」と悔しさが勝っていたようだ。「次」に期待したい。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

JMPA

 日本人トリオが今季世界ランク1位から3位までを独占して期待を集めていた陸上男子20km競歩。結果は、世界ランク3位の21歳・松永大介が、この種目で初の入賞となる7位になったのを筆頭に、同2位の藤沢勇は21位、同1位の高橋英輝は42位という成績だった。

 リオデジャネイロ・バッハ地区の海岸沿いにつくられた周回コース。強い日差しが照りつける中、松永は、序盤の3km付近で一時先頭に立ち、折り返しの10km手前では先頭を行くトム・ボスワース(英国)に迫るなど見せ場をつくった。しかしペースが一気に上がってスピード勝負になった終盤は、上位についていけなかった。

 経験豊富な藤沢も、序盤は常に10位台をキープしていたが14km以降は徐々に後退。世界ランク1位の高橋はラスト5kmで大きくペースダウンした。

世界ランク1位から3位を独占しながらも7位が最高。

 気象条件やレースの駆け引きなど、様々な要素が絡んでくる国際大会では、持ち時計と実力は決してイコールで重なるものではない。ただ、世界ランク1位から3位までを独占しながら7位が最高というのはやはり物足りない。

 しかしながらメダルにこそ届かなかったものの、松永がこの種目で日本選手史上初となる7位入賞を果たし、陸上史に新たな一歩を刻んだのも事実だ。

 2020東京五輪に向け、日本競歩界がリオ五輪のレースから得た希望と、課題は何だろうか。

 7位でフィニッシュした松永は、「最後はこれが世界のトップレベルかと感じた。耐えることが精一杯だった中で、世界との差を痛感した。ただ、自分としてはメダルが目標だったので、入賞は悔しいです」と苦笑いした。ゴール直後は悔し涙を堪えるのに必死だった。

【次ページ】 気持ちが前に行き過ぎてオーバーペースに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松永大介
高橋英輝
藤沢勇

ページトップ