リオ五輪PRESSBACK NUMBER

金藤理絵、金メダル直前にあった危機。
コーチが出した定石破りの指示とは?

posted2016/08/12 15:30

 
金藤理絵、金メダル直前にあった危機。コーチが出した定石破りの指示とは?<Number Web> photograph by Getty Images

世界ランキング1位の実力を最後に発揮した金藤。五輪の一発勝負ならではの怖さを味わいながらも勝者となった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Getty Images

「恥ずかしかったです」

 表彰式を終えて引き上げてきた金藤理絵は、そう言って笑った。

「みんなに見られているのが……」

 今も恥ずかしそうに、小さな声で言った。

 8月11日、女子200m平泳ぎ決勝。金藤は金メダルを獲得した。

 最初の50mは5番手。だが先行する選手たちに決して遅れを取っていない差で折り返すと、100m時点で2位に順位を上げる。

 ここからが強かった。ひとかきひとかき、伸びのある泳ぎでぐいと前へ出る。

 150mの折り返しでトップに立つと、そのままリードを広げてゴール。萩野公介に続く、競泳2個目の金メダルを手にした。

準決勝から「キックのかかりがもうひとつ」だった。

 金藤は競泳日本代表の中で、もっとも金メダルに近い選手と言われてきた。今シーズンの世界ランクは1位、しかも2位とのタイム差は2秒近い。

「普通に泳げば金メダル」と言われるほどの、圧倒的な優勝候補筆頭として臨んだのがリオでもあった。それを踏まえて決勝を見れば、本命が順当に勝利したレースのようにも見える。

 しかしこの勝利は、ギャンブルに打って出て、成功して得た結果だった。

 決勝前日の準決勝にさかのぼる。

 全体2位のタイムで決勝進出を決めたあと、金藤は、どこか納得が行かないような表情でこう言った。

「キックのかかりが、もうひとつで」

 表情こそ不安を露わにしたものではなかったが、実際は危機的な状況にあった。金藤を指導する加藤健志コーチも「決勝の前まで、どうなるかと思っていました」と明かした。

「体力はあるけれど、キックがかからなくて進まない。スカスカ」

 本来のパフォーマンスとは程遠い状態で、準決勝で目標としていたタイムには届かず、圧倒的な1位で決勝へ進んでおかしくないほど他の選手と実力差があるはずなのに、2位に甘んじていた。

【次ページ】 当日のウォーミングアップの強度を上げたが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
金藤理絵
加藤浩時

ページトップ