モータースポーツ解体新書BACK NUMBER

“プロ”も恐れるワンメイクレース!?
86/BRZレースの底しれぬ魅力。

posted2016/08/10 17:40

 
“プロ”も恐れるワンメイクレース!?86/BRZレースの底しれぬ魅力。<Number Web> photograph by TOYOTA

レース中のTOYOT86たち。注目して欲しいのは、すべてのクルマに一般公道用のナンバープレーとが付いていること!

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph by

TOYOTA

 かつては国内トップドライバーとして第一線で戦い、F1グランプリやインディカーレースにも出場した経験のある服部尚貴は現在、スーパーGTなどで裏方として日本のレース界を支える立場にあるが、一方ではレーシングドライバーとしてステアリングを握り続けてもいる。その服部が今、“ガチ”で取り組んでいるレース、それが86/BRZレースだ。

 86/BRZレースは、TOYOTA 86及びSUBARU BRZのワンメイクレースである。競技用に販売される車両には登録ナンバープレートがついているので、日常は乗用車として使い、競技ライセンスさえあれば、そのままサーキットへ乗り付けてレースを戦うことが可能だ。

 86/BRZレースはもともと、レース初心者向けのカテゴリーとして2013年に始まったが、プロ選手の参戦が相次ぎ、現役スーパーGTドライバーの谷口信輝、織戸学、青木孝行、井口卓人、蒲生尚弥やかつて国内トップドライバーとして活躍した服部尚貴、羽根幸浩、山田英二らがエントリーリストに名を連ねるに至った。どうして初心者向けカテゴリーにプロが参入したのか。

「おもしろいクルマだなと感じていた」

「シリーズが始まるとき、谷口(信輝)が『出ようと思っている』と言うのを聞いて、『え? それって、楽しそうだな』と思ったんです」と服部は自身がシリーズ参戦に至ったきっかけを語る。

「その前に、仕事で86/BRZをサーキットで走らせる機会があって、おもしろいクルマだなと感じていたんです。それで、レースに出たいなと思っていたら、たまたま出ないか、という話があって、参戦することになったんです」

 レーシングカーの最高峰であるF1グランプリカーにまで乗った服部は、TOYOTA 86/ SUBARU BRZのどこに「おもしろさ」と感じたのだろうか。

「クルマって、動力性能とコーナリング性能のバランスがあってこそ良いクルマなんです。パワーだけあっても仕方がない。86/BRZは、けっしてパワーが有り余っているわけではないけれどバランスがとれている。だから、うまく減速してうまく曲げてうまく加速するという、クルマを速く走らせるための基本テクニックが問われるんです。レースはスピードが速くてパワーが大きければおもしろいというものではないんです」

【次ページ】 丁寧に運転すればするほど速くなるのが86。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
服部尚貴
谷口信輝
織戸学
青木孝行
羽根幸浩

ページトップ