格闘技PRESSBACK NUMBER

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。
乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

posted2016/08/10 11:00

 
オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。乱れ始めた精密ルーティーンの謎。<Number Web> photograph by Essei Hara

IWGPベビー級王者が在位中にG1タイトルを獲得する史上3人目となる偉業を目指すオカダ。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 オカダ・カズチカには、その身体能力に任せてこともなげに試合を進める、というイメージがある。

 チャンピオンの戦い方だと言ってしまえば、それまでだが、パターン化したその動きは、言い換えればマンネリ感が少し漂ってきて、面白みに欠ける。

 技のキレ味は変わっていない。だが、意外性が少なくなったのだ。

 オカダには驚きがあった――想像以上のことをやってくれるオカダには期待感があった。だが、昨年11月の天龍源一郎戦以降、その驚きの部分が減少している。

 オカダに何が起こっているのか?

「カネの雨を降らす」キャンペーンは大成功だが。

 オカダが初めてIWGPのベルトを奪取したのが、2012年2月12日の大阪だった。オカダがスターダムへの階段を一気に駆け上がった時だ。

 オカダはIWGPのベルトを腰に巻いて、引き揚げる花道で両手を広げた。リング上にはまだ、敗れた棚橋弘至が残ってオカダの背中を見つめていた。

 あの光景は今でも、忘れられない。

 この日が事実上のオカダ時代の幕開けとなったわけだが、時代があまりにも早く流れた印象があって、オカダが同じ年のG1クライマックスを制しても、「作られた王者」の印象が強かった。

 オカダは実際にファンに認知されるのは、2013年4月に、もう一度、棚橋を倒して、ベルトを取り戻してからだろう。

 「レインメイカーがカネの雨を降らす」というキャンペーンはうまくいった。

 どこかの国のインフレ紙幣のように0の数が異常に増えたオカダの“レインメイカー・ドル”や“レインメイカー・ポンド”が、東京ドームや大会場で景気よく舞った。

 私も1枚拾いあげて「せめて新日本のショップで使えたらいいのに」と笑った。

【次ページ】 1試合で6発もドロップキックを放った末に……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オカダ・カズチカ
棚橋弘至
外道
石井智宏
バッドラック・ファレ
新日本プロレス

ページトップ