リオ五輪PRESSBACK NUMBER

世界記録まで0.54に迫った金藤理絵。
伊藤華英「競泳は生き様が現れる」

posted2016/08/10 07:30

 
世界記録まで0.54に迫った金藤理絵。伊藤華英「競泳は生き様が現れる」<Number Web> photograph by AFLO

インターハイ優勝など早くから注目されてきた金藤理絵も、27歳とベテランの域に入ってきた。心身が充実した今、彼女は一番強い。

text by

伊藤華英

伊藤華英Hanae Ito

PROFILE

photograph by

AFLO

 あと0.54。

 4月のリオデジャネイロオリンピック選考会でたたき出した、2分19秒65。現在の200m女子平泳ぎ世界記録の2分19秒11まで、0.54秒だった。

 しかし観戦した人の感覚としては、世界記録まで後少しという言葉よりも、何と素晴らしいレースだったのかという印象が残ったことだろう。

 心からの笑顔で、レース後プールサイドに上がってくる金藤理絵を見たのは久しぶりだった。

 3位に終わった100m平泳ぎのあとも、周囲は「悔しいレースだったのでは」と思っていたが、理絵本人のインタビューはいつでも前向きだった。

五輪に出たかどうかで、4年間の意味が変わる。

「100mであそこまで頑張れたから、200mも良かった」

「オリンピックでは、世界記録を目指して頑張る。18秒台を出す」

 彼女のインタビューを聞いていて、「競泳のレースは生き様が現れる」という言葉を思い出した。

 紆余曲折という言葉がそのまま当てはまるくらい、2008年の北京オリンピック出場、そしてロンドンオリンピック落選を経験したこの8年間は波乱に満ちた時間だった。

 オリンピックを目指すアスリートにとって、本人のモチベーションによって4年間という時間の流れは違うものだ。彼女の場合は、2008年から2012年はオリンピック選手としての4年間だった。しかし、2012年から2016年の4年間は、何者でもない状態での時間だった。苦しく長い時間だったに違いない。

 周囲からも「やるのか、やめるのか」と問われたに違いないし、本人の心中も穏やかではないはずだ。「このままでは終われない」、「やめようかな」こんな気持ちが行き交っていただろう。

【次ページ】 自力でステップアップした選手は、強い。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
金藤理絵
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
水泳

ページトップ