マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

慶應・正木智也の驚弾で確信――。
清宮世代は「スラッガー世代」だ!

posted2016/08/02 17:00

 
昨夏優勝校・東海大相模相手の2アーチ。正木はその名を全国に知らしめた。

昨夏優勝校・東海大相模相手の2アーチ。正木はその名を全国に知らしめた。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 清宮世代は「スラッガー世代」。

 なんだか、そうなりそうな予感がする。

 今年、高校2年生になったのは1999年生まれと、早生まれだと2000年生まれというミレニアム世代。

 早稲田実業高・清宮幸太郎をはじめとして、すでに甲子園の大舞台でもその長打力を発揮している選手を含め、超高校級の2年生スラッガーたちは全国ですでに十指に及ぶ。

 その「スラッガー世代」にもう一人、逸材が加わった。

横浜スタジアムのレフト中段へと叩き込んだ一撃。

 神奈川県予選の準々決勝で、昨夏全国制覇の東海大相模高を8回コールドで破り、ベスト4に進んだ慶應義塾高。その4番をつとめる正木智也(外野手・181cm83kg・右投右打)のスイングとその打球に思わず目を見張った。

 初回に巡ってきた第1打席。1死一、二塁のチャンスに、東海大相模先発の左腕・山田啓太(3年・169cm68kg・左投左打)の内角高目の速球を振り抜いた打球は低い角度のライナーで伸びて、あっという間に横浜スタジアムのレフト中段ではずんでいた。

 強豪・慶應の4番だ、それぐらいは打つんだろう。注目したのは、<快打の次>だ。第2打席は、3回の1死一塁。今度は、東海大相模・山田啓太の落差の大きなカーブ。

 さっきの<驚弾>が速球だったから、山田の攻めはカーブ中心と読んだのか、そのカーブを振り抜いて、あわや連続! の放物線をバックスクリーンの前まで運ぶ。

 煽られていない。2年生なのに、最初のホームランにまるで酔っていないのがすごい。

 ならば、今度はどうなんだ?

 いい加減、崩すだろう……。

【次ページ】 ファールにしかならないインローを再びスタンドへ。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ

ページトップ