メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

イチローがメジャー上陸した2001年。
ジーターやA・ロッドがその衝撃を語る。

posted2016/07/29 17:30

 
イチローがメジャー上陸した2001年。ジーターやA・ロッドがその衝撃を語る。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2001年のイチローは、リーグ最多安打、最多盗塁、首位打者を獲得し、文句なしの新人王。伝説はここから始まった。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 ルー・ピネラ元マリナーズ監督が7月、「イチローの通算3000安打について」の電話会見を開いた。1990年にワールドシリーズ優勝を果たしたのがレッズ時代であり、現在も編成部門の顧問を務めているため、かつてピネラが指揮を取ったマリナーズやカブスなどの球団ではなく、レッズの広報が音頭を取ってのものだった。

 最初の質問はやはり、イチローがデビューして新人王と最優秀選手賞を獲得し、マリナーズがア・リーグ西地区を史上最多タイの年間116勝で制した2001年のことである。

「日本にいた頃にマリナーズのキャンプに招待し、2000年のオフに契約するチャンスが生まれたわけだが、それはマリナーズにとって、とても素晴らしい契約となった」

 いろいろと思い出す。イチローがメジャー挑戦を開始した2001年、筆者はボストンのフェンウェイパークを中心に取材していた。レッドソックスに野茂英雄と大家友和両投手がいたこともあり、イチローや彼を取り巻く日本のメディアの喧噪を外から眺める形で、対戦相手だのチームメイトだのの取材に追われていた。

ジーター「野球を楽しんでやがるんだなぁって」

「正直に言うけど、プロに入ってからショートを守っていて、こんなにプレッシャーを感じたことは今までないよ」

 そう言ったのは当時、イチローと同じ27歳だったデレク・ジーター(ヤンキース)である。

「ウチ(旧ヤンキースタジアム)に来た時、何でもかんでもやりたい放題だったから、走者として二塁に来た時に『おいおい、ちょっとはスローダウンしてくれないか?』って言ってやったんだけど、彼ったら、嬉しそうに笑いやがってね。あ、こいつも俺やほかの選手と一緒で、メジャーリーグで野球を楽しんでやがるんだなぁって思ったよ」

 そうジーターは話してくれた。フェンウェイパークの“レッドソックス対ヤンキース”と言えば、今も昔もメジャー屈指の黄金カードだが、当時はそこに“ジーター対ノーマー・ガルシアパーラー”という新世代のスーパースター対決も含まれていた。

【次ページ】 イチローに対しては、前進守備も取れない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
イチロー
ルー・ピネラ
デレク・ジーター
アレックス・ロドリゲス
シアトル・マリナーズ
ニューヨーク・ヤンキース
マイアミ・マーリンズ
ノーマー・ガルシアパーラ

ページトップ