松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

ショットもパットも決して“悪くない”。
全英で出遅れた松山英樹の「なぜ」。

posted2016/07/15 11:30

 
ショットもパットも決して“悪くない”。全英で出遅れた松山英樹の「なぜ」。<Number Web> photograph by AFLO

日本ツアーの登録問題、五輪出場と難題を1つずつ解決してきた松山英樹。自身のプレーに集中した時の快進撃がまた見たい。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

「真っ直ぐ打って、グリーンに乗っけて。それが攻略法です」

 全英オープン開幕前。松山英樹はロイヤルトゥルーンに対する向き合い方を、そんなシンプルな言葉で表現した。特別な対策は無いし、特別な攻略法も無い。いつも通りに、フェアウエイを捉え、グリーンを捉えるゴルフを心がけるのみだ、と。

 いざ、初日。松山の戦い方は、その“公約通り”だった。1番はドライバーでまっすぐ飛ばし、グリーン手前から1メートル半に寄せて楽々バーディーを奪った。2番はアイアンでファエウエイを捉え、次打はバンカーにつかまったものの、そこからの第3打をうまくピン1メートルへ寄せてパーセーブ。3番もフェアウエイからピン6メートルに付けてパーでおさめ、4番のパー5はアイアンでフェアウエイを捉えた上で2オンに成功。イーグルパットこそ入らなかったが、バーディーは楽々獲得。4ホールで2つスコアを伸ばし、上々の発進を切った。

 しかし、後半はバーディーが1つも奪えず、その代わりにボギーが3つ。トータルで1オーバーとなり、75位と出遅れた。

「もうちょっと伸ばしたかった。オーバーパーは打ちたくなかったけど、まあ、仕方がないかな」

 松山は自身に言い聞かせるように小さな声で、そう言った。

ショットは悪くない。それでもオーバーパー。

 出だしで好発進を切ったのに、終わってみればオーバーパー。なぜ、そうなってしまったのか。松山はその答えになかなか辿り着くことができないでいる。

 ほぼ全ホールでフェアウエイを捉えたティショットは、悪くないどころか、とてもいいという印象だった。松山自身には「良くない」と感じたティショットもあったようだが「良くないところでもフェアウエイに行ったので、そこは良かった」。

【次ページ】 悪いところは見当たらない、しかし改善の手ごたえも。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
ゴルフ全英オープン
勝負を決める108mm

ページトップ