猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ佐藤世那の理想は“汚い”直球?
思い出の地・舞洲を巣立つために。

posted2016/07/09 11:00

 
オリ佐藤世那の理想は“汚い”直球?思い出の地・舞洲を巣立つために。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨夏甲子園で準優勝投手となった佐藤世那は、二軍の地で緩急を身につけようとしている。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 本格的な暑さの到来とともに、昨夏の甲子園を沸かせた右腕に躍動感が増してきた。

 昨年の夏、エースとして仙台育英高を26年ぶりの決勝に導き、東北勢悲願の初優勝まであと一歩に迫った豪腕・佐藤世那だ。

 その後、ドラフト6位でオリックスに入団。春季キャンプで右ふくらはぎの肉離れを発症し出遅れていたが、4月中旬から二軍で実戦登板を重ね、初先発した6月1日のソフトバンク戦でウエスタン・リーグ初勝利を挙げた。

 ただ、表情は晴れなかった。理想のストレートを投げられていないというのが原因だった。

「球がもっと汚くなってほしいんですよね」

 そう言ってため息をついた。

「今はキレイな回転になっちゃったんです」

「高校の頃はもっと汚いボールというか、汚い回転で、シュートしたりしていた。でも今はキレイな回転になっちゃったんです。軌道もまっすぐになった。だからタイミングが合いやすいんだと思う。自分的には前のもっと荒れていたボールの方がよかったなと感じています」

 回転が変わった原因の一つは体重の変化だと佐藤はとらえていた。昨夏は86kgで、そのあたりがベスト体重なのだが、今年1月に入寮した時は89kgに増えていたため、絞ろうとしたところ体重が落ちすぎて、82kgにまで減ってしまった。

「ボールに力が伝わっていない感じがします。前は『バーン!』だったのが、今は『ピュッ』という感じで、打者からしたら怖さがないと思う。普通の、何の特徴もないピッチャーになってしまっていると思うんです」

【次ページ】 女房役の伊藤は「カーブ使っていこう」と言った。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
佐藤世那
オリックス・バファローズ
伊藤光

ページトップ