沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

宝塚記念でマリアライトが完全開花。
大事に、我慢で育てられた新女王。

posted2016/06/27 11:20

 
宝塚記念でマリアライトが完全開花。大事に、我慢で育てられた新女王。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

キタサンブラックをかわし、ドゥラメンテの追撃がギリギリ届く直前がゴール。マリアライトもだが、蛯名正義の騎乗も光った。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 6頭のGIホースを含む17頭が出走した第57回宝塚記念(6月26日、阪神芝内回り2200m、3歳以上GI)を制したのは、蛯名正義が乗る8番人気の牝馬マリアライト(5歳、父ディープインパクト、美浦・久保田貴士厩舎)だった。

 牝馬による宝塚記念優勝は、1966年のエイトクラウン、2005年のスイープトウショウに次ぐ3度目。1番人気のドゥラメンテは2着に敗れ、ゴール入線後、左前肢ハ行を発症したため、今秋の凱旋門賞出走を断念することになった。

 重で始まった芝コースは、第5レースから稍重に。その後も陽射しを受けて少しずつ乾いたものの、メインの宝塚記念のときも稍重のままだった。開催最終日なので掘れているところもあったりと、力のいる馬場状態になっていた。

キタサンは「思いどおりのレース」をしたが。

 おおかたの予想どおり、序盤からハナに立ったのは、2番人気に支持された武豊のキタサンブラックだった。ワンアンドオンリーやトーホウジャッカルらが迫ってきたため、1000m通過が59秒1と馬場状態を考えるとやや速い流れになったが、おそらく武は、他馬に突っ付かれなかったとしても淀みのないペースをつくり、後続になし崩しに脚を使わせようとしただろう。

 キタサンブラックが先頭のまま直線に入り、ラスト100mあたりまでは逃げ切り濃厚に見えた。

 しかし、ゴールまであと数完歩というところで、外から追い込んできたマリアライトとドゥラメンテにかわされた。

「思いどおりのレースができた。ラストもよく辛抱してくれた。惜しかった。もうちょっとでしたね」と武はサバサバした表情で語った。

 マリアライトの勝ちタイムは2分12秒8。ラスト3ハロンをメンバー最速の36秒1でまとめたドゥラメンテが首差の2着。鼻差の3着がキタサンブラック、以下ラブリーデイ、ステファノスとつづいた。

【次ページ】 馬場が悪いことも、マリアライトに有利に働いた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マリアライト
ドゥラメンテ
キタサンブラック
蛯名正義

ページトップ