スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

今季のNBAには一見の価値がある。
カリー&カーが起こした「革命」とは?

posted2016/05/18 17:00

 
今季のNBAには一見の価値がある。カリー&カーが起こした「革命」とは?<Number Web> photograph by AFLO

バスケットボールに忠実であれ。バスケットボールに対する愛のため、ゲームに対する情熱のために。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 物足りない。

 もっともっと今季のNBAは、日本で注目されるべきではないだろうか?

 地上波のスポーツニュースは、一部の番組を除いてはスルーの状態。プレーオフのカンファレンス・ファイナルを迎えたいま、見逃す手はないのに。

 個人的な体験でいえば、こんなにNBAが面白く感じるのは、マイケル・ジョーダンやパトリック・ユーイングらが活躍していた1990年代以来である。

 しかし、ゲームの中身が違う。'90年代よりもはるかにスピーディで、エンターテインメント性に満ちている。

 その中核にいるのが、2年連続でMVPを獲得したステフィン・カリー(ウォリアーズ)だ。

 今季、ウォリアーズは73勝というNBAのシーズン最多勝記録をマークしたが、シーズン402本の3ポイントシュートを決めたカリーのパフォーマンスには、毎試合、裏切られたことはない(もちろん「402」は、NBA記録ね)。もはやハーフコート付近からのブザービーターは珍しくないほどだ。

 もしもカリーが不調でも、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンらのオールスター・メンバーが主役を取ってかわる。本当にウォリアーズのバスケットは面白い。

ヘッドコーチがカリーに話した「パスの数」。

 ではなぜ、ウォリアーズのバスケットは魅了的なのか。

 鍵はパスの「数」にある。

 2014年、ウォリアーズのヘッドコーチにスティーブ・カーが就任してから、チームのバスケットは変わった。昨年9月、東京にやってきたカリーにインタビューした時、彼はこう話していた。

「コーチは1試合あたりのパスの本数が、325本から350本通れば、ウォリアーズが勝つ確率が高くなる――と言ったんだ。驚いたよ。コーチが来るまでは、自分たちがどれだけパスを回しているかなんて、意識したことはなかったから」

【次ページ】 ワン・オン・ワン偏重のトレンドが変わった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ステフィン・カリー
スティーブ・カー
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
NBA

ページトップ