フットボール“新語録”BACK NUMBER

サポーターの“濃さ”でJFLに完敗?
ロック総統が語るJリーグの不足成分。

posted2016/05/09 10:30

 
サポーターの“濃さ”でJFLに完敗?ロック総統が語るJリーグの不足成分。<Number Web> photograph by Kinshicho Football Giyugun

ロック総統が率いる「錦糸町フットボール義勇軍」。右から、ライト曹長、ロック総統、オットナー参謀長。3人で毎週ポッドキャスト配信をしている。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Kinshicho Football Giyugun

「僕らの業界では、ユナイテッドといえば鹿児島、シティといえば松江。どこかの国の赤い悪魔のことではありません」

ロック総統(ホンダロックSCサポーター)

 一見するとわからない価値を、魅力的に伝える――。

 きっとコメディアンの才能はそこにあるのだろう。元芸人の革命的サポーターと、J3のクラブを応援する現役芸人に会うと、あらためて日本サッカーの底力に気付かされた。

 今回2人と話せることになったのは、彼らが自主制作しているポッドキャスト番組『革命!錦糸町フットボール義勇軍』の出演依頼を受けたからだ。何か秘密の会議をのぞくようで、逆にスポーツライターとしては絶好の取材機会。体験記を書かない手はない。

元電撃ネットワークと、R-1準優勝者。

 2人の経歴は個性的だ。

 まずは、かつて電撃ネットワークの一員だった元芸人で、鹿島アントラーズのサポーターを経て独自の道へ進んだロック総統。JFLのホンダロックSC(宮崎県の企業チーム)を応援しており、ガンダムのシャアを連想させる赤いヘルメットがトレードマークだ。約4年前に本連載で活動を取り上げたところ、大きな反響があった。

 そしてもうひとりは、『R-1ぐらんぷり』で準優勝経験があり、地元・栃木SCのイベント司会、日光アイスバックスや南葛SCのスタジアムDJを務める井上マーだ。『義勇軍』の収録では、ライト曹長のコードネームで活動している。

 都内某所で待ち合わせると、ロック総統がいきなりディープな話を切り出した。

「昨日、JFLのソニー仙台とホンダロックの試合に行ってね。会場は宮城スタジアム。まさか2002年W杯で日本がトルコに敗れた場所で、4部の試合が行われるとはね。観客は416人でほぼ貸切。普段リプレイが大画面に映ることなんてほぼないから、それだけで大騒ぎでしたよ」

【次ページ】 企業チームは優勝してもJ3に上がれないので……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ロック総統
ライト曹長

ページトップ