ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

内山高志は一体何に負けたのか?
防衛記録、アメリカ進出目前の罠。

posted2016/04/28 11:30

 
内山高志は一体何に負けたのか?防衛記録、アメリカ進出目前の罠。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

“絶対王者”内山高志の敗戦は衝撃だった。防衛記録、アメリカ進出目前での敗戦を彼はどう受け止めているのだろうか。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 いつかこんな日が来るとはわかっていても、実際に来てみるとショックはあまりに大きかった。騒然とする会場をあとにするファンは一様にうつむいていた。涙ぐむ者がいた。中にはやりきれない思いから心ない悪態をつく者もいた。

 あの内山高志が負けた─―。

 27日、東京・大田区総合体育館で行われたWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの12度目の防衛戦で、スーパー王者の内山がランキング1位、暫定王者のジェスレル・コラレス(パナマ)に2回KO負けを喫した。2010年にタイトルを獲得してから6年3カ月。絶対王者が無残にも3度キャンバスに沈み、あっけなくベルトを手放した。

 いったい何が起こったのか。悪夢のような陥落劇をリポートする。

 初回の攻防で「これはまずい」とだれもが感じたのではないだろうか。挑戦者のコラレスはサウスポースタイルでスタンスが広く、かつスピードがあっていかにもやりづらそうなタイプだ。内山はコラレスのスピードについていけず、あっさりと侵入を許してしまう。

 ラウンド終盤には左右のフックを浴びて、早くもロープ際に後退。重厚で多彩なジャブとステップワークを武器に、常に自分の距離をキープしてきた内山が、今までに見せたことのない姿だった。

 コラレスの公開練習を視察した際の、佐々木修平トレーナーの言葉が頭をよぎる。

「(コラレスは)スピードがあって、才能はあると思う。けっこう瞬発力があるので、いきなり踏み込んで打つパンチには気を付けたい」。

 このあと「もちろん内山さんなら大丈夫でしょう」と付け加えるのを忘れなかったが、若きトレーナーの一抹の不安は、不幸にも現実のものとなった。

前がかりの内山に、左カウンターがドンピシャ。

 2回に入っても、荒っぽくパンチを振りまわす挑戦者が優勢だった。「やり返そうとした」という内山が前がかりになる。そこにコラレスの左カウンターがドンピシャのタイミングで決まったのだからたまらない。

 キャンバスに崩れ落ちた内山は立ち上がろうとするが、一度バランスを崩し、まるでスローモーションを見ているかのような動きでゆっくりと立ち上がる。ダメージは深刻だ。

 試合再開後、コラレスのアタックを浴びて今度はもつれるようにして2度目のダウン。WBAは1つのラウンドで3度ダウンすると自動的に負けになる3ノックダウンルール。これであとがなくなった。

【次ページ】 年齢か、ガードが下がるクセか、モチベーションか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
内山高志
ジェスレル・コラレス

ページトップ