ラグビーPRESSBACK NUMBER

7人制ラグビーの祭典、香港セブンズ。
世界最高峰の大会はまるで音楽フェス!?

posted2016/04/19 17:00

 
7人制ラグビーの祭典、香港セブンズ。世界最高峰の大会はまるで音楽フェス!?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

日本は昇格決定トーナメントで優勝。昨季の降格から1シーズンでセブンズワールドシリーズコアチーム復帰を決めた。

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 現地に行ってみて、わかった。香港セブンズは戦場であり、祭りなんだ、と。ブラジルとの初戦を終えた日本代表のレメキ・ロマノ ラヴァは、こう表現した。

「まるでスーパーボウルみたいな雰囲気。このグラウンドでラグビーをできることが、すごく幸せです」

 キャセイパシフィック/HSBC香港セブンズは、1976年に7人制ラグビー初の世界大会として始まった。現在では24のチームが世界各地を転戦(全10大会)して総合チャンピオンを目指す「ワールドラグビーセブンズシリーズ」に組み込まれているが、その中でも最も盛り上がる大会である。

ラグビーと音楽フェスを同時にやっているような会場。

 スタジアムの光景を見れば、レメキの言葉に納得。まさに“防具をつけないスーパーボウル”だ。世界のトップ選手が筋肉と筋肉をぶつけ合うと、会場の香港スタジアムは世界中から集まった4万人のファンによる地鳴りのような歓声に包まれる。この歓声が選手の背中を押して、試合はさらに激しさを増していく。

 プレーが止まっても、観衆のボルテージは下がらない。選手入場、トライ後、ハーフタイムなどなど、プレーが止まるたびに流れるダンスミュージックに合わせて観客は体を揺らし、スタジアムDJのハスキーボイスがそれを煽る。もう、巨大スタジアムでラグビーと音楽フェスを同時にやっている感じだ。

 試合と試合の合間には、メインスタンド北側最前列がざわつく。ゲームを終えたばかりの選手たちが気軽にサインに応じ、ファンと一緒に写真に収まってくれるからだ。ニュージーランド代表のスーパースター、ソニー・ビル・ウィリアムズのサインをゲットしたちびっ子ラガーマンは、会心のガッツポーズ。香港スタジアムは、世界最高峰のラグビーを「観る」だけでなく、憧れの選手に「会える」場所でもある。

【次ページ】 まるでコスプレ世界選手権の南スタンド。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
レメキ・ロマノ・ラヴァ
桑水流裕策
香港セブンズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
ラグビー

ページトップ