相撲春秋BACK NUMBER

白鵬が浴びた大阪のシビアなヤジ。
「銭の取れる相撲」に値しない千秋楽。

posted2016/04/05 11:00

 
白鵬が浴びた大阪のシビアなヤジ。「銭の取れる相撲」に値しない千秋楽。<Number Web> photograph by JMPA

白鵬はこれで4場所ぶり、36度目の優勝。自身の持つ史上最多優勝記録を更新した。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

JMPA

 かつて“戦う男たちの最高峰”にあった海軍大将・山本五十六元帥は、後世の男たちに格言を遺した。

苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である

堂々と胸を張れず、謝らざるを得ない相撲。

 大阪場所千秋楽。

 観客が背を向けるように席を立ち、熱気が急速に冷めていった館内の中央に、白鵬がいた。ブーイングと拍手の入り交じるなか、優勝力士インタビューを受けると、「そんなにまでして勝ちたいか!」などと辛辣なヤジが四方から飛ぶ。

「ああいう変化で決まるとは思わなかった。本当に申し訳ないと思います……」

 4場所ぶりに賜杯を胸にした白鵬は、異様な雰囲気に気圧されるかのように言葉に詰まり、こらえられずに溢れる涙をぬぐっていた。

「まあ、大阪じゃなかったら、あそこまでヤジもひどくなかったやろな。大阪はシビアや。タイガースが負けたらボケやらアホンダラやら、えげつないで。吉本(新喜劇)でも、オモロなかったら“金返せ!”言うからなぁ」

 そんな浪花のファンの言葉を耳にした。

 われわれは横綱に品格を求めるが、「ファンや観客には品格なんぞない」と思って掛かり、ときには敵に回すことも致し方ない――そんな覚悟を持っていなければならないのが横綱でもあろう。しかし、人間味溢れるセンシティブな横綱は、ブーイングとヤジに“変化”もせず、いなすこともできずに真っ向から受け止めてしまった。己の持てる力を精一杯出しての相撲だったならば、言い訳も謝罪も必要ない。36度目の優勝に堂々と胸を張れず、謝らざるを得ない相撲を見せてしまったことを、白鵬は一瞬でも後悔したのだろうか。

 白鵬が流した涙の裏に、言い尽くせない理由がほかにあったとしても、観る者がその事情に思いを馳せ、想像し、同情しなければならないのだろうか。

 否、戦う者に求めるのは目の前の事実だけ、「結果がすべて」なのである。
 

【次ページ】 忘れてはならない“興行”としての側面。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
白鵬
豊ノ島
嘉風
武蔵丸光洋
曙太郎
稀勢の里

ページトップ