沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

高松宮記念は「怪物」の姉が怖い。
前が競れば、後方一気が届く気配。

posted2016/03/26 08:00

 
高松宮記念は「怪物」の姉が怖い。前が競れば、後方一気が届く気配。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今回は戸崎圭太に乗り替わって挑むウリウリ。皐月賞で話題のマカヒキとは全姉弟だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 上半期のスプリント王決定戦を制するのはどの馬か。第46回高松宮記念(3月27日、中京芝1200m、4歳以上GI)は、前年の覇者である香港のエアロヴェロシティが来日後、疝痛を発症して回避したことにより、ますます難解な一戦となった。

 中京コースが改修され、2012年にリニューアルオープンしてから、これが5度目の高松宮記念となる。直線が長くなって坂ができたことにより、ゴール前の攻防が激しさを増し、見応えのあるレースが多くなった。

 となると、逃げ・先行馬に不利なコースになったかのように思われるが、過去4年のこのレースで3着以内に入った12頭のうち半数近い5頭が、4コーナーを3番手以内で回っていた。逃げ切った馬こそいないが、差し・追い込み馬とほぼ互角にやれているのだ。周りに馬の少ないところを走る先行馬のほうが、向正面から直線入口までつづく下り坂で、他馬に邪魔されずにスピードに乗りやすいからだろうか。

 今年も強力な先行馬が何頭かいる。

 なかでも人気を集めそうなのは、調教師が「逃げ宣言」ともとれるコメントをしているミッキーアイル(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・音無秀孝厩舎)だ。昨年は、好位から直線で抜け出しを狙うも、エアロヴェロシティとの追い比べに敗れて3着。逃げ一辺倒から、好位差しへの脚質転換をはかっていた最中の一戦だった。

 ところが前走、松山弘平に乗り替わった阪急杯では久しぶりに逃げる競馬をし、'14年のスワンステークス以来の勝利を挙げた。無理に抑えるより、スピードを生かして逃げてこそよさが出ることが証明された。今の勢いなら、同年のNHKマイルカップ以来のGI勝ちも充分あり得る。

先行馬に有力どころが揃った今回。

 ただ、ここには同型がほかにもいて、それらがまた強い。

 '13年3着、'14年5着、昨年2着と、このレースの「リピーター」になっている古豪ハクサンムーン(牡7歳、父アドマイヤムーン、栗東・西園正都厩舎)も、できればハナをとりたいクチだろう。5カ月ぶりの実戦で2着に来た前走のオーシャンステークスを見る限り、年齢的な衰えはない。

 逃げて1000万、1600万、オープン特別を3連勝し、前走のシルクロードステークスで2着に残ったローレルベローチェ(牡5歳、父サクラバクシンオー、栗東・飯田雄三厩舎)のスピードもかなりのものだ。

 昨年の桜花賞を逃げ切ったレッツゴードンキ(牝4歳、父キングカメハメハ、栗東・梅田智之厩舎)も、今回が初めての1200m戦とはいえ、その気になれば、ハナに立てるだけのダッシュ力を持っている。

【次ページ】 前が削りあえば、後方からの差し切りが届く展開に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ミッキーアイル
レッツゴードンキ
ハクサンムーン
ローレルベローチェ
ウリウリ
ドゥラメンテ
高松宮記念
ドバイワールドカップ

ページトップ