フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

14歳の本田真凜が世界Jr初優勝。
浅田真央が語っていた重要な言葉。

posted2016/03/22 11:15

 
14歳の本田真凜が世界Jr初優勝。浅田真央が語っていた重要な言葉。<Number Web> photograph by Enrico Calderoni/AFLO SPORT

SPを暫定2位で終え、FSでは映画「ビートルジュース」の曲に合わせで演じきり、優勝。村上佳菜子以来6年ぶりの快挙となった。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Enrico Calderoni/AFLO SPORT

 3月19日、ハンガリーのデブレツェンで開催されていた世界ジュニア選手権で、14歳の本田真凜が初挑戦で優勝。SP、フリー、総合スコアと全て自己ベストスコアを更新して、日本女子としては史上7人目の世界ジュニアチャンピオンになった。

 全日本選手権銀メダリスト、15歳の樋口新葉はSP5位からフリーで挽回して総合3位に入賞。昨年度に続いて2度目の銅メダルを手にした。やはり初挑戦だった14歳の白岩優奈も総合4位と、日本チームは大健闘した。

 このところ世界ジュニア選手権の女子シングルは、ロシアに押されていた。2010年に村上佳菜子が優勝した後、5年連続でロシアの選手がタイトルを手にしてきたのだ。特に2013年、2014年はロシアが表彰台を独占。このままでは女子シングルの将来はロシア勢が圧勝していくのかという懸念もあった中、本大会では日本女子がスケート大国としての存在感を改めて世界に示した。

異常に怪我人が多かったこの大会。

 日本の女子にとって素晴らしい結果を出した大会となったものの、今年の世界ジュニアは異常なほど怪我人が続出した。

 男子では優勝候補だった全日本ジュニアチャンピオンの山本草太が、出発直前の練習中に右足首を骨折して棄権という残念な結果になった。

 もう1人の優勝候補だったジュニアGPファイナルチャンピオン、米国のネイサン・チャンも1月の全米選手権のエキジビション中に股関節を傷めて急遽手術を受けることになり、代表に選ばれていたこの大会も、ボストン世界選手権も欠場することに。

3人中2人が棄権したロシア女子。

 女子ではジュニアGPファイナルを制してここでも優勝候補視されていたロシアのポリーナ・ツルスカヤが、SP当日の公式練習中に右足首を捻挫して棄権。

 もう1人のロシア人、アリサ・フェドチキナはSPで本田真凜と66.11と同点ながら、技術点で1位に立っていた(同点のタイブレークは、SPでは技術点/エレメンツスコア、フリーでは5コンポーネンツが上の選手が上位に来る)。

 だがフリー演技直前にフロアでウォームアップをしている最中に、やはり右足首を捻挫するという事故に見舞われ、棄権となった。表彰台独占の可能性もささやかれていたロシア女子の中で、結局最後まで試合に残ったのは、2位に入賞したマリア・ソツコワのみだった。

【次ページ】 優勝候補4人が欠場という異常事態。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
本田真凜
浅田真央

ページトップ