プロ野球PRESSBACK NUMBER

ライオンズ躍進のポイントは若手。
“おかわり二世”山川穂高に期待!

posted2016/03/21 10:40

 
ライオンズ躍進のポイントは若手。“おかわり二世”山川穂高に期待!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

3月10日の日ハム戦で本塁打を放つ山川。二軍では2年連続2桁本塁打を記録、オープン戦でも好調だ。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 2014年ドラフト1位の森友哉、2015年ドラフト1位の高橋光成と、ここ2年間、ルーキーが1年目から一軍で活躍している西武ライオンズ。しかし両者とも春のキャンプは二軍からのスタートで、当初、首脳陣の構想では即戦力として計算されていなかった。

 '14年の森はイースタン・リーグで3割以上の打率を残し、7月に一軍に昇格。'15年の高橋光もファームで4勝を挙げたのち、先発の頭数が足りないこともあって8月に昇格となった。今年もルーキーは全員、二軍キャンプからのスタート。オープン戦でも一軍出場はなく、ルーキーが開幕ベンチに入る可能性は極めて少ない。

 そんな中、新戦力として期待したいのが山川穂高だ。

 オープン戦では4割超えのアベレージを残し、3本塁打を記録(3月11日現在)。今年、入団3年目を迎える「おかわり二世」は一軍定着を目指して猛アピールを続けている。

どんな野球評論家より中村について詳しいのでは。

 176センチ、100キロの風格ある体型。ゆっくりと打席に入り、胸の前で静かにバットを構える姿は、遠目で見れば中村剛也と見紛うほどそっくりだ。それもそのはず。富士大時代から中村を手本にしようと、動画サイトで中村の打席を検索し続けた。横からのアングルだけではなく、キャッチャー側から、そしてバックスクリーン側からの映像をすべて探し出し、入念にチェック。本塁打王のフォームを真似てきたという。

「体型も似ていますし、アマチュア時代から憧れていて、どうしたらあんな打球が打てるのか、どうしたらあんなに力みなくバットを振ることができるのか、すごく研究しました」

 中村のバッティングのどんな部分を手本にしているのか尋ねると、目を輝かせてバッティング論を話し始める。どんな野球評論家より中村について詳しいのではないか。そんな風に感じるほど、中村について語る山川の姿は生き生きとしている。

【次ページ】 昨季、出番がなかなか巡ってこなかった不運。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山川穂高
中村剛也
埼玉西武ライオンズ
高橋光成
森友哉
田辺徳雄

ページトップ