猛牛のささやきBACK NUMBER

「盗塁王」から逆算した技術の数々。
オリックス・小田裕也、小兵の生き方。

posted2016/02/26 12:00

 
サッカーボールでトスバッティングをする小田裕也。ルーキーイヤーの昨季は後半に一軍定着。31試合に出場し打率.326。更なる技術研究に余念がない。

サッカーボールでトスバッティングをする小田裕也。ルーキーイヤーの昨季は後半に一軍定着。31試合に出場し打率.326。更なる技術研究に余念がない。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 今年から採用される本塁でのクロスプレーに関する新ルールは、野手の送球にも影響を与えている。

 オリックスの外野手・小田裕也は、今年1月の自主トレから、送球フォームの改良に着手した。

「これまでは肩を引いてかつぐように投げていたんですが、スライダー回転がかかって、カットボールみたいな球になっていた。そうするとバックホームの時に一塁側にそれてしまう。ルールが変わって、それるとキャッチャーは追いタッチになって余計に不利なので、タッチしやすいように、投げ方から見つめ直すことにしました」

 今年は、肩を引きすぎず、テークバックを小さくし、「キャッチャーの投げ方に近い」投げ方を習得してきた。コンパクトなフォームで、距離よりもコントロールの正確性を重視することにしたのだ。

外野からの送球距離は70mで十分。

「ちょっと肩が弱くなった感じはするけど、こちらの方が安定する。投げる距離は決まっているので、70mぐらい投げられれば問題ないから、それより正確性ですね。タイムも計ったんですが、テークバックが小さい投げ方のほうが、(捕球してから)速く投げられますし」

 まだ少し残る違和感をキャンプ中に解消したいと言って、小田はキャンプインした。それから約1カ月。宮崎で話を聞くと、「いい感じです。横にそれなくなって、コーチにも評価してもらっています」と手応えをのぞかせた。

 東洋大から日本生命を経てプロ入りした小田。ルーキーイヤーだった昨年は、8月に一軍に昇格すると、キレのあるスイングから長打を放ち、3割2分6厘という高打率を残した。しかし、まだ定位置を確保したわけではない。確たる居場所をつかみ取るために、今年は細部の精度を高めようとしている。

【次ページ】小柄ゆえに技術を追求してきた。

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ