セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

欧州のピッチ上は「暴言」だらけ?
あまりにひどいサッカー単語帳。

posted2016/02/10 10:30

 
欧州のピッチ上は「暴言」だらけ?あまりにひどいサッカー単語帳。<Number Web> photograph by AFLO

ナポリのサッリ監督は、よく言えば兄貴肌、悪く言えば柄の悪いパーソナリティ。発言にはくれぐれもご注意を。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 面と向かって、いきなり「このオカマ野郎!」と罵られたら、誰でもムカッときて当然だ。

 インテルの指揮官マンチーニもそうだった。

「サッリから『この腰抜けホモ野郎! おまえは軟弱者のゲイだ』と罵られた!」

 事件が起きたのは、インテルが接戦でナポリを下した先月19日のコッパ・イタリア準々決勝だ。

 マンチーニが第4審判へ後半ロスタイムの長さに注文をつけたところ、今季ホーム初黒星を目前にイライラしていたナポリの指揮官サッリが“ガタガタぬかすな”とばかりに毒づいた。頭に血が上った2人は93分に揃って退席となった。

 試合後も、両監督による場外戦は続いた。

 マンチーニは自らが受けた言葉を単なる侮蔑ではなく差別的中傷だと受けとり、試合後のTV中継でサッリ当人を「差別主義者だ。恥を知れ」と糾弾した。

 レイシスト扱いされた場合、即座にそれを否定しなければ欧州社会では生きていけない。サッリはすぐに自らの非を認め、マンチーニへ謝罪し、自身が差別主義者ではないことを強調した。

ミランのベルルスコーニも斜め上から参戦。

 サッリの発言には同性愛者団体が抗議した他、「熱くなりすぎないために正気は保ちたいものだ」とアッレグリ監督(ユベントス)が苦言を呈した。同業者らの顰蹙も買う中、サッリは「グラウンド内で起こることは外に持ち出す(=公にする)べきではないはずだ」と昔ながらの不文律を訴えたが、表立って彼に賛同した人間はナポリの選手とミラン名誉会長ベルルスコーニぐらいのものだった。

 最長2カ月の監督資格停止処分もありうるケースだったが、当局は「マンチーニはゲイではない。よってサッリの言葉は事実に反しており、差別事件にはあたらない」という解釈を下し、2万ユーロの罰金と2試合の資格停止という軽い処分をサッリに与えた。彼とマンチーニは和解し、事件は収束した。

【次ページ】 グラウンドは、キレイごととは無縁の世界。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ロベルト・マンチーニ
マウリツィオ・サッリ
インテル・ミラノ
ナポリ

ページトップ