プロレスのじかんBACK NUMBER

6年連続1.4のメインを務める男、
新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?

posted2015/12/25 16:10

 
6年連続1.4のメインを務める男、新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?<Number Web> photograph by Essei Hara

「(1.4東京ドームでは新闘魂三銃士だった)3人が王者になるかも。全員揃ってベルトを巻いたら、どんな景色が見えてくるのか……」とコメントした棚橋。

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 彼とは、同じ年の同じ日に、新日本プロレスの入門テストを受けた。そのテストの中で行なわれた、スパーリングの相手も彼だった。結果は2人とも合格。

 自分は当時、高校を卒業する直前だったから、卒業後すぐに上京して入門したけど、彼は大学3年生だったので、長州力さんから「ちゃんと大学を卒業してからこい」と言われていた。だから、合格をした日は同じだったけど、正式に入門してきたのは1年後のことだった。

 プロレスの世界でこの1年の差というのは、本来、いろんな意味で大きい。しかし、自分と同期だった仲間が練習中に大怪我をしてしまい、不運にもプロレスラーになることを断念しなくちゃいけないことが起きたりして、会社は自分たちをデビューさせることに慎重になっていた。結果、自分の正式デビューは、彼と同じ日となった。

 そのことからよく、自分たちは“同期”と言われるが、厳密に言うとそれは間違い。だから彼は年上だけど、いまだに自分のことを“さん付け”で呼ぶし、敬語を使ってしゃべってくる。自分も彼のことを“棚橋クン”と呼ぶ。それがこの世界の慣習っていうか、現状の立場とかは関係なく、接し方っていうのはずっと変わらない。

新弟子なのに身体作りの知識がずば抜けていた。

 棚橋クンとは合宿所で同部屋だったこともあり、わりと仲がよかったと思う。よく洋服の買い物なんかも一緒に行ったりしてた。棚橋クンは最初からボディービルに傾倒していて、新弟子のくせに身体作りに関しての知識がずば抜けて豊富だった。自分たちはそんなやり方なんてまったくわからないまま、「とにかくたくさん食え、たくさん練習やれ」と言われて過ごしてきてたから、ちょっと驚いた。

 ある時期、真壁(刀義)さん、自分、棚橋クンの3人が同部屋になったことがあって。部屋に入って手前が真壁さんのスペース、真ん中が棚橋クン、で、奥が自分。手前の壁にはアイドルのポスターが貼ってあって、真ん中にはボディービルの専門誌に付いていた付録のポスター――ロニー・コールマンとか、ドリアン・イエーツといったボディービル界のカリスマみたいな人たちのポスターが貼られていた。自分がそういったビルダーの名前を憶えているのも、当時、棚橋クンがしょっちゅう説明して教えてくれていたから。でも、自分はブルース・リーのポスターを貼っていた。

【次ページ】 「すいません、もう辞めます」という弟子に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
棚橋弘至
中邑真輔
柴田勝頼
オカダ・カズチカ
真壁刀義

ページトップ