スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

彼女の人生とラグビーはどこで交差した?
五輪決めたサクラセブンズの生き方。

posted2015/12/02 11:00

 
彼女の人生とラグビーはどこで交差した?五輪決めたサクラセブンズの生き方。<Number Web> photograph by Getty Images

リオ五輪アジア予選でグアム代表と戦うサクラセブンズの竹内。俊敏性を活かしたプレーがジャパンの強みだ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 これほど異なった経歴の人たちが集まった代表も珍しい。

 11月29日、リオデジャネイロ・オリンピック出場を決めた女子7人制ラグビーの日本代表、「サクラセブンズ」の面々だ。

 他の球技の代表選手といえば、バレーボールでもバスケットボールでも、小学生のときからずっとその競技ひと筋というケースが多い。しかし、日本における女子ラグビーはまだ黎明期、ラグビーの場合は他の競技からの転向組も多い。

“チームの芯”はバスケット出身者!?

 まずは、バスケットボールから。

 冷静でたくましく、リーダーシップにあふれる主将、中村知春は法政大学バスケット部出身。身長は162センチ、関東大学女子2部リーグのレベルを考えると、ガードとしても小柄な部類に入る。

「(バスケ部時代は)ファウルばっかりしてました」

とは本人の弁だが、大学を卒業してからも何かスポーツを続けたい、その気持ちがラグビーとの出会いを生む。キック、アタック、タックル。どのプレーを見ても、チームの「芯」になっているのは疑いようがない。

 サクラセブンズは貴重な人材を手に入れたのだ。

京大→大手出版社→ラグビー日本代表。

 背番号3、FWの竹内亜弥は京都大学バレーボール部の出身。本好きの彼女は、大学を卒業してから、東京は神楽坂にある出版社、新潮社に入社した。

「『週刊新潮』に配属されたらバレーボールを続け、営業部だったらラグビーをやろうと決めてました」

 配属は営業。これも運命の為せる業か、竹内は真円のバレーから、楕円のラグビーの世界に飛び込む。中距離が得意とあって、豊富な運動量が生かせるラグビーは竹内にとっては自己表現の場となった。

 ただし、代表候補に入ってからは仕事との両立が困難になる。オリンピックを目指そうと退社を申し出たが、幸いにも経営陣は休職を認めてくれた。

【次ページ】 とにかくラグビー選手になりたかった少女は……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
中村知春
竹内亜弥
兼松由香
横尾千里
サクラセブンズ
リオデジャネイロ五輪
7人制ラグビー
オリンピック
ラグビー

ページトップ