私とDo 特別編BACK NUMBER

職業、トレイルランナー。
奥宮俊祐/小川壮太/鏑木毅

posted2015/11/30 10:00

 
職業、トレイルランナー。奥宮俊祐/小川壮太/鏑木毅<Number Web> photograph by Sho Fujimaki

日本山岳耐久レースで長年活躍している奥宮俊祐は今年プロとして独立。その「食べる」道とは?

text by

礒村真介

礒村真介Arimura Shinsuke

PROFILE

photograph by

Sho Fujimaki

山を駆ける人は増えた。では、山を駆けることで「食える」人は? 徐々に出現してきたプロのトレイルランナーに、道なき道を行く覚悟を聞いた。 好評発売中のNumber Do「ランの未来学。」より、記事の一部を公開します。

 ここ2、3年、確かなスピードで広がりを見せるトレイルランニングシーン。その拡大に呼応するように、今、ポツリポツリとではあるが「プロのトレイルランナー」と呼べる人物が登場しつつある。「プロ」と表現するのが大げさであるならば、「トレイルランニングで食べている」と言い替えてもいい。陸上長距離やマラソンとはちょっと違う、職業=トレイルランナー。彼らはいったいどういう存在で、この業界はどんな世界なのか。

 かくいう私もトレイルランニングを半ば専門とするライターとして1年半前に独立し、活動している。ゆえに業界の「懐」事情には興味津々の身。年度後半のシーズン入り前、夏の終わりに連続インタビューを敢行した。

自衛隊、パン職人、IT企業、そしてプロへ。

「週末に行われるプロデュースレースの準備のため、今日の夕方から広島へ飛びます。経費節約のためにLCCなんですけれど」

 そうはにかみながら1人目のプロトレイルランナーが日暮里駅前に現れた。手には大きなトロリーケースのハンドルが握られている。

 奥宮俊祐、36歳。日本で一番有名なレース「日本山岳耐久レース(通称ハセツネカップ)」での長年にわたる活躍で知られ、ミスター・ハセツネと称される存在。最近は海外レースでも好成績を収めている。そしてこの春、勤務先のIT系企業を円満退社し、自身が代表を務めるFunTrailsを立ち上げた。

「会社員時代の社長には本当に感謝しています。日中は通常の業務がありましたが、定時後や週末、長期休暇の手ほどきなどでトレイルランに集中できる環境を整えていただき、一般のサラリーマンランナーとは比べ物にならない恵まれた4年半でした。この社長とも実はレースの打ち上げで知り合ったんです」

 奥宮は大学卒業後パン職人の経験を経て自衛隊に入隊し、そこでトレイルランニングに出会う。その後よりよい競技環境を求め前述のIT系企業へと転職し、活躍を続けていた。

【次ページ】 スポンサー以外からの収入源は?

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
奥宮俊祐
小川壮太
鏑木毅
日本山岳耐久レース
ハセツネカップ

ページトップ