リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

クラシコ大敗を招いたベニテスの迷走。
レアルのフロント陣に迫る解任危機。

posted2015/11/25 11:00

 
クラシコ大敗を招いたベニテスの迷走。レアルのフロント陣に迫る解任危機。<Number Web> photograph by D.Nakashima/AFLO

ラファエル・ベニテス監督は就任後初のクラシコで大敗。フロレンティーノ・ペレス会長は後日の会見で彼を擁護したが……。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

D.Nakashima/AFLO

「第12節の試合がシーズンを決めることはない」

 試合前日の記者会見でルイス・エンリケは正論を口にした。確かに、たとえそれがクラシコであっても、この時期の一試合が優勝の行方を直接左右することはない。

 しかしベニテスはそうも言っていられなかった。

 今回の頂上決戦を落とした場合、クビという形で“彼のシーズン”に大きな変化が訪れる可能性が生じていたからだ。

 順位だけを見ると今季これまでのレアル・マドリーはそれほど悪くはない。が、結果に反して、ファンやメディアを納得させられるサッカーができているわけでもない。特に直近の2試合――1-0で勝利したCLのPSG戦と3-2で敗れたセビージャ戦――は内容が酷く、監督の手腕に懐疑的な視線を向ける人は増える一方……。

 世界が注目するバルサ戦に際しては、何らかのてこ入れが行われることが期待されていた。

記者会見で「攻めにいく」とのみ答えたベニテス。

 そこで注目されたのが中盤の構成だった。

 具体的にはディフェンスラインの前にカゼミーロを置くのか否か。

 「守備寄りの監督」という看板を背負ってやってきたベニテスは、マドリーでもやはりディフェンスのバランスを重視してきた。カゼミーロはそんな監督の方針を体現する選手として、9月末からのCLとリーガ8試合全てに先発出場してきた。

 だが、彼には汚れ役に徹する献身性と守備力はあっても、攻撃の起点になり得る技術やゲームビジョンはない。

 一方で、カゼミーロのレギュラーポジション獲得の要因のひとつであった「中盤の駒不足」は解消されている。故障中だったハメスが復帰し、昨季の主力クロース、モドリッチ、イスコも万全の状態だ。

 記者会見で問われたベニテスは、ただ「攻めにいく」とだけ答え、ラインアップを予想させるヒントは一切与えなかった。

【次ページ】 蓋を開けると、見覚えのある布陣。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
バルセロナ
ラファエル・ベニテス
ルイス・エンリケ
カゼミーロ
トニ・クロース
ハメス・ロドリゲス
ルカ・モドリッチ
イスコ
クリスティアーノ・ロナウド
カリム・ベンゼマ
ギャレス・ベイル
セルヒオ・ラモス
マルセロ
ルイス・スアレス
アンドレス・イニエスタ
フロレンティーノ・ペレス
クラシコ

ページトップ