ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「スイングのことだけ考えてないか?」
バッバが石川遼と2人だけで話した内容。

posted2015/11/18 10:50

 
「スイングのことだけ考えてないか?」バッバが石川遼と2人だけで話した内容。<Number Web> photograph by AFLO

“変人”“泣き虫”など異名が多いバッバ・ワトソンだが、面倒見のよさも備えていた。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 自分とは正反対の存在と思っている人からの助言が、道を開かせることがある。

 石川遼がそんな体験をしたのは、昨年からこの秋にかけてのことだった。

 ちょうど1年前の日本ツアー・三井住友VISA太平洋マスターズ。過去2勝を収めてきた富士山麓の太平洋クラブ御殿場コースで、石川は思いもよらぬ時間を過ごした。

 予選ラウンドのプレーを終え、クラブハウスに引き上げた頃。当時エースキャディを務めていたサイモン・クラークが急ぎ足で近づいてきた。

「バッバが、呼んでる」

 2日間、同じ組でプレーしたばかりのバッバ・ワトソンである。マスターズを2012年、2014年と2度制した稀代のロングヒッター。招待選手として9年ぶりの来日を果たしたレフティから“呼び出し”を受けたのだった。

 ワトソンは、通訳を買って出ようとしたクラークを「いいや、彼は英語も分かるから大丈夫。おれはリョウと直接話したい」と制し、石川とのマンツーマン・トークを望んだ。

 多くの日本人選手や関係者が行き交うロッカールームの一角。その隅で、ワトソンのデンマーク人マネージャーらが人垣になり、ふたりの空間を作ったという。

叱られると思ったら、ワトソンが口にしたのは……。

「俺は超緊張しちゃって……『ヤバい、何を言われるんだろう。ラウンドの時に、マナーのことなんかで、なにか悪いことしたのかな』と思って。『あれは良くないぞ』と怒られるのかと思った」と石川。

「でも、そんなのとはまったく違う話だったんだ」

 190cmのワトソンは巨体を少しかがめ、大きな目を見開いて言った。「キミはラウンド中、何を考えてプレーをしているんだ? いつもスイングのことばかりじゃないか?」

 ふたりが一緒にプレーしたのは、この前年大会が初めてではない。2011年の対抗戦プレジデンツカップでは、それぞれ世界選抜、米国選抜の一員としてシングルマッチでぶつかっている。

【次ページ】 「自分のスイングのことだけを考えていないか?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
石川遼
バッバ・ワトソン

ページトップ