プロ野球亭日乗BACK NUMBER

中田翔のバットと言葉が日本を救った!
WBC王者ドミニカ戦は堅守で辛勝。

posted2015/11/13 12:15

 
中田翔のバットと言葉が日本を救った!WBC王者ドミニカ戦は堅守で辛勝。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8回表、左翼へのタイムリー二塁打を放った中田翔。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 また中田である。

 2対2の同点に追いつかれた直後の8回2死二、三塁だった。150キロ越えのドミニカ共和国の快速右腕・デヘスス投手にあっさり追い込まれたカウント1ボール2ストライクからの5球目。中田翔内野手(日本ハム)はフォークに少しタイミングをずらされながらも、二枚腰の粘りでボールを捉えて、痛烈な打球で三塁線を破った。

「同点に追いつかれてソワソワしている中、点を取りたかった。いいところに飛んでくれた。体勢を崩されたが、しっかり粘れたと思う」

 2点タイムリー二塁打。勝ち越しを確認した中田は、二塁で両手を叩いてガッツポーズを繰り返した。

 この日も終盤の同点劇はまたもミスがきっかけだった。

 日本が2点をリードした7回。先頭の7番・エルナンデス外野手の打球は平凡な左翼へのフライだった。ところが目測を誤った筒香嘉智外野手(DeNA)がこれを安打にしたのをきっかけに、1死後に2番手の小川泰弘投手(ヤクルト)が、ドミニカの9番打者・ロドリゲス内野手に2ランを浴びた。

言葉とバットでチームを救った中田。

 意気消沈でベンチに戻った筒香に、真っ先に声をかけたのが中田だったという。

「気にするな。切り替えていけ」

 日本に比べるとかなり暗い台湾のスタジアム。そこで高く上がった打球は一瞬、筒香の視界から消えてしまった。

「あの打球は高く上がったし、難しさはよくわかる。なんとかしてあげたい気持ちがすごくあったので(打てて)良かったですね」

 前日のメキシコ戦でのサヨナラ打に続きチームを救う連夜のひと振りに、小久保裕紀監督も「中田さまさまですね。昨日、今日と、打線は彼に救われた。筒香は照明の暗さの中で目測を誤ったが、彼も救われたと思う」と、味方のミスを救う主軸の働きを絶賛した。

【次ページ】 実は堅実な内野の守備。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
侍ジャパン
野球日本代表
中田翔
筒香嘉智
小久保裕紀
川端慎吾
井口資仁
WBSCプレミア12
WBC

ページトップ