ラグビーPRESSBACK NUMBER

「消化試合」にせず日本はどう戦ったか。
ラグビーW杯、“最も大事”な80分間。

posted2015/10/17 10:50

 
「消化試合」にせず日本はどう戦ったか。ラグビーW杯、“最も大事”な80分間。<Number Web> photograph by AFLO

イングランドへ出発する際「この10倍のファンに迎えてもらえるように」とエディーHCは発言していた。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

AFLO

 プールステージ最後の試合は、特別なメッセージを発信することがままある。

 1991年大会のプールステージ最後の試合は、日本vs.ジンバブエだった。日本は1試合大会最多の9トライをあげて勝った。「これがラグビーです。走ってボールをつないでトライを取る。日本はラグビーの素晴らしさを見せてくれた」。試合後の会見冒頭、司会を務めた大会役員は興奮気味にまくしたてた。

 2007年大会のプールステージ最後の試合は南アフリカvs.アメリカだった。22歳、このW杯でデビューしたばかりのアメリカWTBタクズワ・ングウェニアは、世界最速ランナーと謳われるブライアン・ハバナを鮮やかに抜き去る50m独走トライを決め、世界に衝撃を与えた。

 そして2015年のプールステージ最終戦は、B組の日本vs.アメリカだった。

最終戦を前に、順位は全て決まっていた。

 キックオフを前に、B組のすべての順位は決まっていた。

 初戦で南アフリカを破った日本は、続くスコットランドに大敗し、サモアに勝ったものの2勝1敗でボーナスポイント(BP)なしの勝点8。アメリカにBPつきの勝利を得ても最大勝点は13にとどまる。

 日本に敗れながらその試合でBP「2」を得ていた南アはその後、サモア、スコットランド、アメリカを破り、勝点を16まで伸ばし、1位抜けが決定。

 決勝トーナメントの残り「1」枠は日本とスコットランドが争っていたが、前日にスコットランドがサモアを破り、勝点を「14」に伸ばした時点で日本は追いつけなくなり、スコットランドが2位で準々決勝進出。日本は3位が決まった。

 初戦でアメリカを破っていたサモアは、スコットランド戦でBP「2」を加え、勝点6。ここまで3戦全敗のアメリカは、日本から最大勝点「5」を奪っても、4位のサモアには届かない。つまり5位=最下位が決定していた。

 ラグビーワールドカップでは順位争いの興味を深めさせるため、1次リーグ各組2位までに決勝トーナメント出場の道を開くほか、各組3位には次回大会の出場権獲得という特典を与えている。だがこのB組は、その3位もすでに日本に決まっていた。

【次ページ】 行われたのは、「消化試合」ではない意味づけ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ
リーチ マイケル
ラグビーW杯
ラグビー日本代表

ページトップ