野球クロスロードBACK NUMBER

ロッテ、日ハム倒して下克上へ前進!
ファーストS突破率100%の方法論。

posted2015/10/13 12:50

 
ロッテ、日ハム倒して下克上へ前進!ファーストS突破率100%の方法論。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

“5年周期日本一”伝説へ向け、伊東勤監督率いるロッテがまずファーストステージを制した。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 その試合を最後に監督を退いてしまうような敗戦の弁だった。

「本当に、例年以上に悔しさが……(監督に就任してから)この4年間で一番悔しい。選手たちも、去年みたいに負けたけどやりきったような表情ではなかったし、そうさせてしまったのは監督である僕の責任。今回、彼らには本当に申し訳ないと思っていますが、あえて選手たちには謝りませんでした。『ここから何をしていくか? それが大きな差となって来年に出てくるんだ』と言いました。

 本当にファンや番記者、いろんな方々には時にわがままもして……許してください。1年間、ありがとうございました。ご迷惑をおかけしました」

 来季も指揮を執ることが決まっている日本ハムの栗山英樹監督は、自身の不甲斐なさや関係者たちへの謝罪をしっかりと言葉にし、深々とお辞儀をして終戦後の会見の場から去っていった。

 潔く敗戦を認めてはいた。その一方で、「試合勘が戻ってきたから、ここで勝ったら先が面白い」と手応えを感じていただけに、言葉を紡げば紡ぐほど、それと比例するように悔しさが溢れ出す。ロッテの底力に屈してしまったことが無念だ……と言わんばかりに。

「我々は常にチャレンジャーですから」(伊東監督)

 今年もCSでのロッテは強かった。

 西武との熾烈な3位争いを制した勢いそのまま、CSファーストステージでも、レギュラーシーズンでは6.5ゲーム差をつけられた2位の日本ハムに2勝1敗で競り勝った。

 ロッテの伊東勤監督は、高揚感を抑え切れない様子で勝利の喜びを語っていたものだ。

「我々は常にチャレンジャーですから。『福岡に行こう』を合言葉に、高く、厚い壁に立ち向かって接戦をものにして力をつけてきました。レギュラーシーズンでは歯が立たなかったし、実際にどちらが勝ってもおかしくない試合内容だったと思います。うちが勝てたのは運もあったでしょう」

【次ページ】 第1戦の初回、指揮官が抗議で示した攻めの姿勢。

1 2 3 4 5 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
伊東勤
涌井秀章
大谷翔平
大谷智久
今江敏晃
アルフレド・デスパイネ

ページトップ