JリーグPRESSBACK NUMBER

「アジア最強」に挑むガンバの勝機。
宇佐美“以外”の選手の攻撃力が鍵。

posted2015/09/30 10:30

 
直前の柏戦でもゴールを決め、得点王争いで首位に並んだ宇佐美貴史。次の相手はアジアの巨人・広州恒大だ。

直前の柏戦でもゴールを決め、得点王争いで首位に並んだ宇佐美貴史。次の相手はアジアの巨人・広州恒大だ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 30日、ACL準決勝1stレグでガンバ大阪は敵地で「アジア最強」と称される広州恒大と激突する。

 広州恒大は、中国でオンラインマーケットなどを運営するアリババグループから巨額な投資資金を獲得。280億円もの潤沢な資金で世界の著名選手を獲得し、アジアでレアル・マドリーのような王国を築こうとしているリッチなクラブだ。

 実際、現在は元ブラジル代表監督のフェリペ監督が指揮を執り、選手もブラジル代表のパウリーニョを移籍金19億円で獲得し、同じくブラジル代表のロビーニョも手に入れた。他にもリカルド・グラール、エウケソンらのブラジル人がおり、中国の選手も15人以上が現在の中国代表だ。

 天井知らずの補強もあって、チーム総力ではガンバを上回る非常にやっかいな相手である。その相手に初戦アウェイで、ドロー以上の結果が求められるのだから、ガンバにとってはハードルがかなり高い。

「守備から入る」で勝ち始めたガンバ。

 その広州恒大に、ガンバ大阪はどう立ち向かえばいいのだろうか。

 ガンバは、2ndステージに入ってから失点が増えていたが、「守備から入る」と意志統一をしてから勝てるようになった。まずはそれを広州恒大戦でも継続していけばいい。おそらく相手は準々決勝の柏戦のように、前から激しいプレスをかけてパス攻撃を遮断してくるだろうが、球際で負けないようにファイトし、鋭いカウンターをちらつかせて戦っていれば、いずれ相手は体力を消耗して疲れてくる。そうなればボールを保持できる時間が長くなるだろうし、パトリックと宇佐美がゴールに迫るシーンが増えてくるだろう。それまで、まずは失点せずに耐えることだ。

 だが、先に失点するとダメージは大きい。

 準々決勝のホームでの広州恒大は、リードしている時はロングボールを前線に蹴ってセーフティな戦い方を取りつつ、柏にボールを持たせてカウンターを狙っていた。それを徹底されると、点を取るのが非常に難しくなる。それゆえガンバは、絶対に先に失点しないことが試合を有利に運ぶ前提条件になる。

 パウリーニョを自由にさせない等々、個別の約束事はあるが、前線からチーム全体でしっかりと守備をして相手の良さを消しながら、いかにしぶとく戦っていけるか。それに徹することができるかどうかが初戦のポイントになるだろう。

【次ページ】 宇佐美の献身と、セットプレーが鍵。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ