Number ExBACK NUMBER

香川真司が絶好調の理由を激白。
変化の鍵は「準備」と「アジア杯」。

posted2015/09/24 13:15

 
香川真司が絶好調の理由を激白。変化の鍵は「準備」と「アジア杯」。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

インタビューは香川お気に入りのカフェで行われ、彼に気付くサポーターも。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

  Number886号はサッカー欧州組総力特集。表紙と巻頭インタビューを飾るのは、ボルシア・ドルトムントの香川真司選手。今回はそのインタビューの様子をお伝えします。

 香川真司が、ノリに乗っている。

  クラブ史上初となるリーグ開幕5連勝を飾ったドルトムントで攻守で活躍。公式戦の最初の10試合で5ゴール4アシストをマーク。9月の代表戦でも2試合で3ゴールを決めている。切れ味の鋭い動きと、広い視野が生み出す変幻自在のパス、そして落ち着いたフィニッシュ。2010年から'12年にかけて、同じドルトムントでプレーしていた頃の「キレッキレ」の香川が戻ってきた。いや、むしろ今の方が、チーム内における彼の重要度が増している分、上積み要素があるようにも思える。

 つまり、今の香川真司は、間違いなく、そのトップフォームに近づきつつある。

 見逃せないのは、メンタル面での安定だ。

 ここ数年の香川は、その苦境からなかなか抜け出せないでいた。マンチェスター・ユナイテッドでの苦闘、ブラジルワールドカップの屈辱、そして復帰したドルトムントでの昨季も、自信に満ちた彼らしいプレーが継続して見られることはなかった。その長いトンネルを抜けての大活躍──。

 香川真司にいま、何が起こっているのだろうか?

時間を延長してまで答えてくれた香川選手。

 Number886号では、ドイツ在住10年目を迎え、Number Webでもおなじみのサッカーライター・ミムラユウスケさんをインタビュアーに、香川選手へのロングインタビューを敢行した。

 これまでも、香川選手には折に触れてインタビューを行ってきたが、今回はその中でも「ベスト」と言ってもいい、生きた言葉に満ちた時間となった。

 香川選手自身が、「今回はしっかりと話したい」と予定の時間を延長してまで、真摯にこちらの質問に答えてくれた。

 ミムラさんはインタビュー前、それも今季のキャンプが始まったころから、日々の取材のなかで、今季の香川の「変化」を嗅ぎ取っていたという。

【次ページ】 無得点試合後のコメントに見えた「変化」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
香川真司
ボルシア・ドルトムント

ページトップ