オリンピックPRESSBACK NUMBER

男子バレー代表、まさかの会場満員!?
若いエースと爽快な試合が面白い。

posted2015/09/16 11:20

 
男子バレー代表、まさかの会場満員!?若いエースと爽快な試合が面白い。<Number Web> photograph by KYODO

エジプト戦では八面六臂の活躍を見せた石川も、アメリカ戦では輝けず。格上との戦いでこそ真価が問われる。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

KYODO

 今、日本男子バレーにちょっとした波が来ている。

 9月8日に開幕したバレーボールのワールドカップ男子大会。

 高い打点から鋭いスパイクを打ち込みチーム最多の24得点を挙げて、エジプトとの初戦勝利の立役者となったのは、19歳の新エース、石川祐希(中央大2年)だった。
 
 観客の度肝を抜く活躍にも、試合後、本人は淡々としていた。

「緊張はありませんでした。ブロックがよく見えていた。でも、別に、いつも通り決まったなっていう感じですね。自分のイメージとしては普通。相手のブロックがあまりよくなかったのかな、と。今後も今日みたいにブロックを見ていけば問題ないと思います」

「開幕前は、『緊張するかも』と話していましたが?」と問われると、「いや……、もうちょっと人(観客)がいるかなと思ってたので…」と苦笑した。

試合ごとに観客が増えていった理由。

 男子大会の前に行なわれた女子大会の日本戦は、毎試合満員の賑わいだった。

 その様子をテレビで観ていた男子の選手たちは、自分たちもその雰囲気の中でやるのだとイメージを膨らませていたのだが、ふたを開けてみれば、開幕戦のスタンドはガラガラ。拍子抜けしたのだろう。

 女子の注目度、期待度に比べ、今大会に出場している12チームの中で下から2番目の世界ランキング20位にまで落ちている男子は、開幕前、ほとんど注目されていなかった。

 しかし、石川や、その対角に入る23歳の柳田将洋(サントリー)、21歳のミドルブロッカー山内晶大(愛知学院大4年)といった若手選手の溌剌としたプレーや、白星によって、周囲の反応は目に見えて変わった。

 初日に約3000人だった観客数は、2日目には約4000人に増え、その数字以上に会場の熱気は高まった。4日目、5日目の試合のチケットは完売となり、選手の入り待ちをするファンの人垣も100人を超えた。

 中でも一番の歓声を浴びているのが石川だ。

【次ページ】遊び感覚が引き出した質の高い攻撃力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
石川祐希
柳田将洋
山内晶大
永野健
清水邦広
鈴木寛史
出耒田敬
南部正司
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
バレーボール

ページトップ