Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ラグビーW杯に懸ける男たち>
松島幸太朗 「運命の一戦を待ちわびて」

posted2015/09/04 10:10

 
<ラグビーW杯に懸ける男たち> 松島幸太朗 「運命の一戦を待ちわびて」<Number Web> photograph by Tadayuki Minamoto

松島は今年3月、豪州のスーパーラグビーチーム「ワラタス」に期限付き移籍をし、更なる力を身につけつつある。

text by

吉田宏(サンケイスポーツ)

吉田宏(サンケイスポーツ)Hirishi Yoshida

PROFILE

photograph by

Tadayuki Minamoto

 22歳で迎えるW杯イングランド大会は、松島幸太朗にとって自らの潜在能力を爆発させる最高の舞台になる。

 ネイティブアフリカンの父親の血を引くしなやかさと、50mを6秒1で駆けるスピードを兼ね備えた走り。2010年の“花園”(全国高校ラグビー大会)では、神奈川・桐蔭学園高のトライゲッターとして全国制覇(東福岡高との両校優勝)の原動力となり、鮮烈なインパクトを残した。準決勝、大阪朝鮮高を相手に自陣ゴールライン内から激走してマークした100m独走トライは、100年近い歴史を誇る大会の中でも歴代名トライの1つに挙げられる。

 多くの強豪大学から誘われたが、松島が選んだのは、スーパーラグビー・シャークス(南アフリカ)の若手育成機関「シャークス・アカデミー」での単身武者修行だった。高校同期の全国制覇メンバーが、早稲田大、筑波大と国内強豪校に進む中、異例の挑戦だった。しかし松島自身に不安は全くなかったという。

「南アには昔住んでましたし、そんなに困らないかなと。日本と同じ感覚でしたね」

南アフリカで過ごした1年間に、ラグビーと出会った。

 松島は、新聞記者だったジンバブエ人の父親と日本人の母親との間に南アフリカ・プレトリアで生を享けた。物心がついた頃に生活の拠点は日本に移ったが、中学1年の1年間を南アフリカで過ごしている。

「その時の学校の先生に誘われたのがラグビーを始めたきっかけです。家族は誰もラグビーをやってなかった。父親は家で経済の新聞記事を書いているような人でしたし。でも今思えばあの1年間が一番、父親と一緒に過ごすことのできた時期でした」

 最愛の父は、松島が高校3年になる直前に南アフリカで亡くなった。

「心臓の病気だったと思います。仕事で行ったり来たりで忙しくて、ゆっくり会う時間はあまりなかった。たまに会うと『勉強しろ』って結構いわれましたね」

 だから高校を卒業した松島少年にとって、“第二の母国”に渡るという決断は特別なものだったはずだ。

「高校の監督からも勧められて、自分はプロのラグビー選手として生きていくんだと決めて海を渡りました」

【次ページ】 ジャパンへの電撃加入、見出された可能性。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
松島幸太朗
ラグビーW杯

ページトップ