濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“坂口征二の息子”の宿命を越えて。
42歳の坂口征夫がDDTで叶えた夢。

posted2015/08/29 10:40

 
“坂口征二の息子”の宿命を越えて。42歳の坂口征夫がDDTで叶えた夢。<Number Web> photograph by Essei Hara

この日のチケットは前売りソールドアウト。満員御礼となった両国国技館で、坂口は“アニキ”と慕う酒呑童子のリーダー・KUDOを破りチャンピオンベルトを奪取した。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 毎年恒例のDDT両国大会(8月23日)、そのメインイベントであるKO-D無差別級タイトルマッチに勝利して団体最高峰のベルトを獲得したのは、坂口征夫だった。

 昭和の名レスラー・坂口征二の息子であり、俳優・坂口憲二の兄。しかし彼は、いわゆる“二世レスラー”とは違う人生を歩んできた。現在42歳で、デビューしたのが3年前。それ以前は総合格闘技の試合に出場していたが、それも30代でのデビューだった。

 若い頃はといえば「クソみたいな生活してましたね。酒飲んで、遊んで、高収入のバイト探して」。大きすぎる“坂口”という名前に対する反発からだった。ケンカを売りまくって殺されてやろうかと思ったことさえあるという。上半身にタトゥーが入っているのは、かつてプロレスラーを志すも挫折したからだ。タトゥーを入れることで、「もう人前で裸になることはない」と、プロレスへの思いを断ち切ったのである。

「坂口征二の息子」と特別扱いしないDDTに、求めていたものが。

 だが、旧知の佐藤光留に誘われてUWFスタイルの大会『ハードヒット』に参戦すると、その姿がDDTの選手兼社長である高木三四郎の目にとまった。DDTといえば、バラエティ色が強い“なんでもあり”の団体だ。今回の両国大会ではタレントのLiLiCoが選手としてデビューし、アントーニオ本多とマサ高梨の『ブラインドフォール・ブラジャーストリップ・タイガートラップデスマッチ』(目隠しとブラジャーをした状態で闘い、ブラジャーを外されたら負け)が観客を沸かせた。

 そんなリングで、坂口も特別扱いされずにやってきた。ゲイレスラー・男色ディーノとの試合で“坂口の息子の息子”を執拗に狙われたこともある。

「DDTでは、坂口征二の息子としては扱われなかった。それが自分の求めていたことだったんです」

 そう坂口は言う。そしてバラエティ色の濃い団体だからこそ、蹴りや関節技を主体にした彼のファイトスタイルは異彩を放ち、殺気に満ちた佇まいが人気を呼んだ。

 活躍するにしたがって、キャッチフレーズも変化していった。はじめは当然“荒鷲二世”。それが“狂気の荒鷲”になり、今では“狂気の金狼”と呼ばれる。父の異名である“荒鷲”は、もはや不要となったのだ。

【次ページ】 「ここでは下の人間」と筋を通した。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
坂口征夫
坂口征二
KUDO
酒呑童子
DDT

ページトップ