Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ラグビーW杯に懸ける男たち> 堀江翔太 「南アくらいなら、押せます」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTadayuki Minamoto

posted2015/08/18 10:30

<ラグビーW杯に懸ける男たち> 堀江翔太 「南アくらいなら、押せます」<Number Web> photograph by Tadayuki Minamoto
首の手術を乗り越えて、ジャパンに帰ってきた。
W杯まで残り2カ月。準備の時間は限られている。
だが不屈のフッカーは、確固たる自信に溢れていた。

 毎朝、左腕のしびれが収まってないかな―と、かすかに期待して目を覚ます。でも、やっぱりしびれている。

 今年29歳になった堀江翔太は日本代表の2番、フッカー。FWの「芯」だ。

「握力は12から14kgくらいまで落ちていました」

 昨季トップリーグを制したパナソニックの主将。2013年からはスーパーラグビーのメルボルン・レベルズでもプレーし、'14年には出場時間も大幅に伸び、存在感を示していた。しかし、長年の酷使で首の骨が神経を圧迫、その結果、左腕がしびれ、手に力が入らなくなっていた。

「握力は12から14kgくらいまで落ちていました」

 文部科学省の統計によれば、8歳の子どもとほぼ同じ数値である。トップリーグの優勝会見の後、堀江は「お話があります」と切り出し、2日後に入院してすぐに手術を受けると告白した。

「スーパーラグビーも3年目、レベルズの監督から『今季は昨季以上に使うから』と言われていましたし、楽しみにもしていました。しかし残念ですが、4年前のW杯の悔しさを晴らしたいという思いを考えると、今年はW杯に懸けようと決めました」

 リハビリは洗濯バサミをつまむことから始まった。地味で「やった感ゼロのメニューばかりでした」と堀江が苦笑するほど。

「ある日突然、しびれがなくなることはないそうです。肩の方から1mm、1mm回復していくらしいです。今は握力もだいぶ戻ってきました」

大学までは第3列でプレーも「フッカーになろう」。

 堀江は1986年、大阪に生まれた。小学校時代はJリーガーを目指し、サッカーに明け暮れた。その後ラグビー、中学ではバスケットに取り組む。バックスに混じっても遜色ないフィールドプレーの巧みさは、この時代に培われていたのかもしれない。

 高校は私立名門ラグビー部でのプレーを希望していたが、家の経済状態を考え府立島本高校に進む。片道およそ90分、朝練も休まずに通った甲斐があって頭角を現すと、高校2年の段階でどの大学よりも早く、帝京大から勧誘を受けた。大学では4年生で主将。ナンバー8、フランカーなど第3列でプレーしていたが、「世界レベルでやるにはサイズが小さい。フッカーになろう」と思い立ち、'08年の大学卒業後に国内のチームではなく、海外に飛び出してしまう。

【次ページ】 英語を話せぬまま渡ったニュージーランドで……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
堀江翔太

ページトップ