甲子園の風BACK NUMBER

甲子園はブラバンにとっても晴れ舞台。
応援“だけ”で選ぶ強豪校はこの6校! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/05 11:30

甲子園はブラバンにとっても晴れ舞台。応援“だけ”で選ぶ強豪校はこの6校!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 高校野球100周年を迎え、例年以上の盛り上がりを見せる今夏の甲子園。灼熱の中、アルプススタンドで魂を込めて吹く吹奏楽部の演奏にも注目だ。高校時代、吹奏楽コンクール全国大会に出場経験がある熱血ブラバン少女だった筆者は、テレビ中継を見ていてもついついアルプススタンドの演奏に耳がいってしまい、高校野球観戦は完全に吹奏楽目線。今大会で必聴のブラバン応援を紹介したい。

ディスコ・ミュージックが甲子園の応援歌に!?

 まずは、今や日本中の学校が吹き、人気ナンバーワン応援曲といってもいい「アフリカン・シンフォニー」を初めて応援に取り入れた智弁和歌山(和歌山)。

 1987年、甲子園に初出場した際にアルプススタンドで同曲を吹き、アフリカの大地に響くゾウの雄たけびを、ホルンやトロンボーンで力強く表現。威圧感のあるメロディは、打席に立つ選手の士気も鼓舞するに違いない。勇ましい応援団の声援と、華やかな紅白の「C」の人文字が一体となった元祖アフリカンは、鳥肌が立つほどかっこいい。

 ちなみに、同曲は吹奏楽曲として楽譜がリリースされているが、もともとはヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニーによるディスコ・ミュージックだったということは意外と知られていない。現在、こんなにも多くの学校が野球応援に取り入れていることを、天国のマッコイ氏はどのように思っているのだろうか。

日本一のオリジナル応援曲を持つ天理。

 吹奏楽コンクール全国大会に何度も出場経験のある古豪・天理(奈良)の応援は、演奏のうまさも完成度の高さもトップクラス。

 立教大学の応援歌「セント・ポール」の原曲でもある、アメリカの民謡「Our Boys Will Shine Tonight」、エルヴィス・プレスリーが「ラブ・ミー・テンダー」としてカバーした「オーラ・リー」、ビートルズの「オブラディ・オブラダ」の3曲をテンポよく切り替えながら演奏するのが天理のスタイルで、ほかに、日本一有名といってもいいオリジナル応援曲もある。

 得点が入った時やヒットが出た時に吹く「ファンファーレ」と、チャンスの時に吹く「ワッショイ」だ。

【次ページ】 「ファンファーレ」「ワッショイ」という天理の名曲。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
智弁和歌山
天理
敦賀気比
鳥取城北
高岡商業
花咲徳栄
甲子園
全国高校野球選手権大会

ページトップ