野球クロスロードBACK NUMBER

DeNAが目論む「脱・勝利の方程式」。
中畑監督が若手を一軍に呼ぶ理由。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/07/22 10:40

DeNAが目論む「脱・勝利の方程式」。中畑監督が若手を一軍に呼ぶ理由。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

20日時点で、セーブ数では呉昇桓を1差で追う山崎康晃だが、防御率は呉の2.91に対して1.72。頼りたくなる気持ちはわからないでもないが……。

 リーグ優勝を果たした1998年以来初めて、首位で迎えた後半戦。その初戦となった7月20日、DeNAはヤクルトに6-8で敗れた。

 先発の久保康友が2回7失点と大炎上したことが敗因ではあるが、セ・リーグナンバーワンの得点力を誇る打線が終盤に活気づいたのは、ひとつの好材料だった。

 そしてこの試合でDeNAはもうひとつ、ペナントレースを勝ち抜ける可能性を見せていた。

 それは、中継ぎ陣である。

 最後にマウンドに上がった長田秀一郎を除けば、2年目の平田真吾に萬谷康平、ルーキーの福地元春と、新たな戦力が名を連ねていた。

 萬谷と福地は一軍登録されて間もなく、当然のことながら経験が浅い。試合展開から判断してもこの継投は単なる敗戦処理に見えてしまうが、決してそうではない。DeNAは今まさに、戦力の底上げを図ろうとしているのだ。

エレラ、田中、山崎の「勝利の方程式」が確立。

 開幕から5月の快進撃で首位に立った頃まで、DeNAは「全力」だった。それは、当時の指揮官の言葉からも窺い知れる。

「うちは常に全力で相手に向かっていかないと勝てないから。今持てる力を出し切って、なんとか勝ちゲームにしていかなくちゃ」

 巨人のように選手層が厚いチームならまだしも、長らくBクラスに低迷しているようなチームは、結果を残している選手を出し続けることで、ひとつでも多くの勝利を掴もうとする。

 DeNAの中継ぎ陣は、それが顕著だった。

 新外国人のエレラに、8年目にしてようやく1本立ちした左腕の田中健二朗、そして、ルーキーながら新人のセーブ記録をことごとく塗り替える守護神の山崎康晃。3人で形成する「勝利の方程式」を惜しげもなく投入することで、チームは接戦を数多くものにすることができた。

【次ページ】 「調子のいい投手に期待して頼ってしまう」(中畑監督)

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中畑清
横浜DeNAベイスターズ
山崎康晃
中畑清

ページトップ